• トップ
  • リリース
  • グローバル化が進む保育現場で活躍する保育者を養成する「国際こども教育コース」を2017年4月開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

学校法人明泉学園 鶴川女子短期大学

グローバル化が進む保育現場で活躍する保育者を養成する「国際こども教育コース」を2017年4月開始

(@Press) 2016年10月18日(火)13時00分配信 @Press

学校法人明泉学園 鶴川女子短期大学(所在地:東京都町田市、学長:百瀬 和男)は、日本語を母国語としないこどもの増加や英語で教育・保育を行う園の増加など、急速に多文化化が進む保育現場に合わせ、約半世紀の歴史のある幼児教育学科のみの単科短大から大きく変革し、『国際こども教育学科』を2017年4月より開始いたします。

URL: https://www.tsurukawatandai.ac.jp/department_information.html


人格形成において極めて重要な乳幼児期に深く関わる保育者は、言語面だけでなく多様性・多文化を受容し、こどもの最善の利益を保障する大切な役割を担っています。このような理念から、鶴川女子短期大学はグローカルに活躍できる次世代の保育者を養成していきます。


■カリキュラム
国際こども教育学科の「国際こども教育コース」は、短期大学(本科)2年間と専攻科1年間の計3年間。1・2年次には日本の乳幼児教育分野の学び(保育士課程と教職課程)に加えて、海外の乳幼児教育や国際理解、言語教育の基礎を学びます。1年次と3年次(専攻科)には海外フィールドワークや多文化教育保育実習を通して、多角的に乳幼児教育を考えることを目指します。3年次(専攻科)は、「感性と探究」が学びのテーマ。他の保育者養成校では学ぶことのできない科目群が揃います。世界の保育現場で注目されているレッジョ・エミリア・アプローチに焦点を当てた科目「レッジョ・エミリア市の乳幼児教育との対話」、他にも「ポートフォリオとこども理解」、「保育とアート」、園の運営や人材育成といった「教育と経営」等の独自科目で構成されています。そして5週間の海外留学時に提携校で保育の専門課程の受講、現地の保育施設の見学や研修に参加しながら、カナダのアシスタント保育士資格の取得を目指します。専攻科には、本学の卒業生以外の入学も歓迎し、現役保育者の学び合いの場となることを目指します。専攻科の開講時間は午後4時から7時半までとなり、働きながら学ぶことが可能です。


■卒業後の活躍像
・現場経験後、青年海外協力隊等で発展途上国の幼児教育に貢献する
・多文化化が進んだ国内の保育現場
・インターナショナル・プリスクール
・海外の保育現場に直接就職


■入学試験
入学試験では英語力に関しては外部試験の結果を活用し、ペーパー試験よりも意欲・人物を重視した面接中心の選考をおこないます。社会人・留学生特別入試もあり、学生の多様性を重視しています。


■奨学金
すでに英語力を持った方が学び易くなるように新たな奨学金制度も設けました。

<グローバルスカラシップ(本科)>
『国際こども教育コース』合格者が対象の奨学金です。入学前に保有する英語に関する資格、スコアによって授業料を免除、または減免します。
リリー   :70万円×2年間=140万円免除
ローズ   :30万円×2年間=60万円減免
マーガレット:20万円×2年間=40万円減免
ダリア   :10万円×2年間=20万円減免
※各年次に奨学生継続の審査があります。


<概要>
学科名: 国際こども教育学科
内容 : ・こども教育コース
     ・国際こども教育コース
開設 : 2017年4月スタート
URL  : https://www.tsurukawatandai.ac.jp/department_information.html


<学校概要>
学校名 : 学校法人明泉学園 鶴川女子短期大学
代表者 : 学長 百瀬 和男
所在地 : 東京都町田市三輪町1135番地
電話番号: 044-988-1128
URL   : https://www.tsurukawatandai.ac.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る