• トップ
  • リリース
  • 世代ごとの傾向からWindows10の新たな側面が見える!エディオン、調査結果の詳細データを公開 〜「Windows10の満足度や利用動向」調査報告書〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社エディオン

世代ごとの傾向からWindows10の新たな側面が見える!エディオン、調査結果の詳細データを公開 〜「Windows10の満足度や利用動向」調査報告書〜

(@Press) 2016年10月11日(火)16時00分配信 @Press

株式会社エディオン(本社:大阪府大阪市、家電量販店)は、Windows10パソコンを新しくご購入された方を中心に、「Windows10の満足度や利用動向」などに関連した調査を実施。その調査結果をもとに、世代ごとの傾向などをまとめた詳細データを特設サイトに公開いたしました。

【エディオン特設ページ】
https://my.edion.jp/info/win10.php



■調査結果のトピックス(世代ごと)

・パソコンの使用(購入)傾向は、若い世代ほどノート型。
世代が上になるほどデスクトップの傾向。

・パソコンの購入金額は、世代が上になるほど高くなる傾向。

・Windows10の良いと思う点は、若い世代ほど「画面の綺麗さ」のポイントが高く、世代が上になるほど「長く使い続けられる」点を支持している傾向。

・用途別では、世代が上になるほどメールやインターネット閲覧のポイントが高い。
また、それぞれの世代ごと、ライフスタイルにあわせた傾向が出ている。

・周辺機器別では、若い世代ではSSDや増設メモリなどのポイントが高い。
また、世代が上になるほどUSBメモリ、プリンタ(複合機含む)などの日常的に用いる周辺機器のポイントが高くなる傾向にある。

・今後、小学校でのプログラミング教育必修化が検討されているが、子供や孫にパソコンを与えたいか?という設問に対しては、孫世代の50〜60代、70代以上はポイントが高くなる傾向。

・Windows10パソコンの満足度は、若い世代ほど高い傾向。

・Windows10パソコンの導入前後の意向は、すべての世代で高い傾向。
また、導入前は[良い印象を持っていなかった]のポイントが全世代の中で最も高かった18〜20代は、導入後は同項目では全世代の中で最も低いポイントになっている。



■調査結果(世代ごと)
Q.どのようなパソコンを使っているのか?(世代ごと)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_1.jpg

2015年10月〜2016年7月の期間中にエディオンにてパソコンをご購入されたお客様で、Windows10パソコンを新規購入された方を中心にお聞きしました。
若い世代ほどノート型パソコンを利用する傾向にあり、世代が上になるほどデスクトップ型のポイントが伸びています。フリーアンサー項目によれば、デスクトップ型を選択するのは、[目に優しいから(老眼など)]、[じっくり腰をすえてパソコンが利用できるから]というご意見が数多くございました。
また、タブレットにもなる2in1パソコンは、30〜40代、50〜60代のポイントがやや高く、公私ともにパソコンを中心に育ってきた世代として、より先進的なパソコンを購入する傾向があるのかもしれません。


Q.いくらで購入したのだろうか?(世代ごと)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_2.jpg

世代が上になるにつれてパソコンの購入金額が高くなる傾向にあります。
30〜40代は、子育て世代でもあり、住宅などの各種ローンの支払いもあることから、購入金額が伸び悩んでいると推測されます。子育ても終わり余裕のみえてきた50〜60代は購入金額が、その下の世代よりも高くなる傾向があり、さらに70代以上となると20万円以上〜30万円未満のポイントが、他世代に比べてより高くなる傾向にあります。


Q.Windows10の良いと思う点は?(世代ごと)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_3.jpg

18〜20代は、Windows10の綺麗な画面を支持しているようです。
(※このデータには記載がありませんが、男女別データでは女性の方が綺麗な画面をより支持していました。)
また、世代が上になるにつれて[最新のOSだから、長く使い続けられる]のポイントが高くなる傾向にあります。セキュリティ面で安心であるという項目も、すべての世代で高い傾向にあります。新しくなったスタートメニュー画面については、18〜20代、70代以上の世代が支持しているようです。


Q.主にどのような用途で利用しているのだろうか?(世代ごと)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_4.jpg

世代が上になるにつれて、メールやネット閲覧の利用が高くなっています。コミュニケーションツールとしては、若い世代ではSNSのポイントが高く、世代が上になるにつれてメールの割合が高くなっています。また、旅行先の選定や予約は世代が上になるほどポイントが高くなっています。
デジカメやビデオカメラの利用・大容量ファイルの保存の項目では、70代以上のポイントが高く、デジカメの写真やビデオカメラの映像を保存しているのではないかと推測されます。逆にデジカメやビデオカメラの利用は、18〜20代のポイントが低く、スマートフォンがその機能を代替していると考えられます。


Q.周辺機器は主に何を使っているのか?(世代ごと)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_5.jpg

USBメモリ、プリンタ(複合機含む)、デジカメ(一眼レフ含む)などの必需品的な周辺機器は世代全体で高い傾向にありました。
外付HDDは世代が上になるにつれてポイントが高くなる傾向で、前述のデジカメやビデオカメラのデータ保存などに利用しているのではないでしょうか。ビデオカメラは30〜40代のポイントが高く、子供の運動会などの影響が考えられます。
また、若い世代になるにつれて、SSD・増設メモリ・外部モニタ利用のポイントが高くなっており、自分らしいカスタマイズや、作業環境を気にかけていると推測されます。


Q.教育目的で、子どもや孫にパソコンを与える?(世代ごと)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_6.jpg

世代が上になるにつれて、子供(孫)へのパソコン購入に積極的な様子が伺えました。特に孫がいる世代の50〜60代、70代は孫用のパソコン購入を検討するのポイントが高い傾向にありました。
子育て世代は、自宅用パソコンの共有化の意向が高いようです。ただし、自宅での子供のパソコン利用を考えていない人たちも約3割〜5割いることから、実際に小学校でのプログラミング教育必修化が始まってからどのように変化が生じるのか、注視すべき点であるといえます。


Q.お使いのWindows10パソコンの満足度は?(世代ごと)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_7.jpg

18〜20代の「とても満足している」が、各世代の中でも最も高くなっています。70代以上では、不満足のポイントが他世代に比べて高い傾向にあるが、フリーアンサー項目などによれば、新しいOS環境に慣れるのに時間を要するからとのことでした。


Q.導入前、導入後のWindows10パソコンの印象は?(世代ごと)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_8.jpg

すべての世代に共通して、導入前よりも導入後の方がWindows10への印象が良くなっていました。
18〜20代のスマートフォン・ネット世代では[良い印象を持っていない]のポイントが他世代よりも高く、これはネット上の評判などによるものではないかと推測されます。ただし、導入後の[良い印象を持っていない]のポイントは他世代よりも低くなっており、実際に使用してみると「良かった」と感じる方が多かったと考えられます。
(※この世代の導入後のとても良い印象、良い印象のポイントは高い傾向にあります)


■世代ごとのまとめ
各世代ごとの傾向をまとめております。
https://www.atpress.ne.jp/releases/113766/img_113766_9.jpg

・18〜20代は、増設メモリやSSDなどのオプションコストをかけ“自分らしく自由に楽しむ”傾向が見られます。また、画面の綺麗さなど、特に女性はスタイリッシュさや、かわいらしさ、見た目などを重視している傾向が男女別データではございました。男女ともに共通しているのは、やはり「自分らしさ」かもしれません。

・30〜40代は、家計とのバランスを考慮しながら、慎重に比較検討をし購入しているようです。パソコンの進化と共に人生を歩んできたため、2in1型やタッチパネル対応型のパソコンの導入率も他世代より高い傾向にあります。その他のデータから読み取れたのは、パソコンの目利きに自信を持っている世代ではないかという点です。パソコン世代だからかもしれません。

・50〜60代は、子育てやローンなどが終わりに近づき、時間・経済的に負担が少なくなるためか、スペックに拘る傾向が見えます(購入金額が高くなる)。ビジネスにもプライベートにも使える2in1型の購入率も比較的高く、新機能パソコンや周辺機器も積極的に導入しているようです。

・全世代の中で、最もパソコンにかける金額が多いようです。また、じっくり腰をすえて、見やすく大きな画面のデスクトップ型を支持しています。フリーアンサー項目によれば、目に優しいこと(老眼)、パソコンを長い時間にわたって使用するためとのことです。1日のパソコン利用時間は他世代よりも一番長く、デスクトップ型を好まれる理由もこのためと考えられます。(※パソコン利用時間に関する項目は、特設サイトにございます。)



■特設サイトについて
上記の項目以外も、特設サイトにて詳細データを公表しております。
https://my.edion.jp/info/win10.php



以上のような情報をもとに、当社は、お客様のパソコン選びに際して、Windows10パソコンについての“より価値のある情報”をご提供できればと考えております。


■調査概要
調査方法:インターネット調査
     (1) 当社会員様を対象としたインターネット調査
     (2) 楽天リサーチ会員様を対象としたインターネット調査
       (実査委託先:楽天リサーチ)
実施期間:(1) 2016年8月6日〜16日
     (2) 2016年8月17日〜19日
調査対象:(1) 2015年10月〜2016年7月の期間中にエディオン店舗にて、
       パソコンをご購入されたお客様(男女)(10〜70代以上)
     (2) Windows10パソコンを新規購入された方
       (男女)(10代〜70代以上)
     ※(2)は60歳以上の方に限り、
      Windows10アップグレードご利用者を含む
回答者数:合計2,701名
     (1) 1,801名
     (2)  900名


※Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。


■会社概要
会社名 : 株式会社エディオン
所在地 : 大阪府大阪市北区中之島二丁目3番33号 大阪三井物産ビル
事業内容: 家電量販店事業 等
URL   : http://www.edion.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る