• トップ
  • リリース
  • 小学校の校庭を花と緑でいっぱいに!第26回「花の輪運動」お客さまからの募金と土曜日のソフトクリーム売上金の1%で小学校へ花の苗を贈呈しています。

プレスリリース

  • 記事画像1

ミニストップ株式会社

小学校の校庭を花と緑でいっぱいに!第26回「花の輪運動」お客さまからの募金と土曜日のソフトクリーム売上金の1%で小学校へ花の苗を贈呈しています。

(@Press) 2016年10月07日(金)15時00分配信 @Press

 ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:宮下 直行、以下:ミニストップ)は、1991年より公益財団法人花と緑の農芸財団が主催する「 「育てよう、花と緑、校庭に〜花の輪運動(以下:花の輪運動)」へ協賛を開始し、今年で26年目を迎えましたのでお知らせいたします。

 「花の輪運動」とは、「花と緑をみんなで協力して植え、育てる体験を通して、子ども達に生命の大切さを知ってもらい、花や緑で豊かな校庭を実現させていく」ことを目指した活動です。ミニストップは、この活動に賛同し、1991年から協賛を開始いたしました。

 毎年、多くの小学校から応募をいただき、厳正な抽選を経て当選した小学校へ、花の苗をお届けしています。26回目を迎えた今年は、900校へ「パンジー」「ビオラ」「ノースポール」「キンギョソウ」合計300株を贈呈いたします。
 毎年秋にお届けする花の苗は、冬を超えて春に開花し、卒業式や入学式を彩っています。

 1980年の創業当時から発売し、ミニストップの看板商品となった“ソフトクリーム”。見ているだけで心を和やかにする“花”。ともに「笑顔」を引き出すという共通点をもっています。そこでミニストップでは、店頭で実施している募金に加え、2002年5月より、土曜日のソフトクリームの売上1%を使って同活動を応援しています。
 土曜日にソフトクリームを購入すると、小学校へ花の苗を贈る「花の輪運動」へ参加していることにつながります。 25年間で累計337万株となる花の苗が、各地の小学校で花を咲かせてます。

《贈呈校および花の苗贈呈累計数推移》
 第1回となる1991年は、当時ミニストップが出店していた東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、愛知県の小学校24校へ合計1万本を贈呈。その後、出店エリアの拡大とともに贈呈校数も増えてまいりました。
 第26回目を迎える今年度は、900校へ花の苗300株(1校あたり)の贈呈を予定しており、贈呈小学校数は累計で1万4千校、花の苗の贈呈数は累計で360万株を突破いたします。

<公益財団法人 花と緑の農芸財団とは>
「花と緑の農芸財団」は、長嶋茂雄初代理事長(現・読売巨人軍終身名誉監督)の呼び掛けにご賛同頂いた、各方面の方々のご協力を得て1986年(昭和61年)に千葉県にて誕生いたしました。「花の心」を提唱し、花を中心とする農芸に関する研修事業、花と緑に関する啓蒙活動・普及活動などを行っています。
設立目的:人々の心に愛と平和をもたらす花と緑の農芸を啓蒙し、普及し振興することを目的とする。
http://www.hananozaidan.or.jp/

以上


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る