• トップ
  • リリース
  • コンチネンタルタイヤ、子どもたちに最高の興奮と体験をプレゼント!フェアプレーの象徴、“エスコートキッズ”プログラムを実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社

コンチネンタルタイヤ、子どもたちに最高の興奮と体験をプレゼント!フェアプレーの象徴、“エスコートキッズ”プログラムを実施

(@Press) 2016年10月07日(金)18時00分配信 @Press

9月1日(木)に開幕した『アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA』のオフィシャルスポンサーであるコンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社(本社:東京、品川区)は、10月6日(木)の日本対イラクの試合において日本で初めてエスコートキッズを募集し、プログラムを実施いたしました。

コンチネンタルタイヤは、1995年にUEFA チャンピオンズリーグをスポンサード以来、サッカーを戦略的コミュニケーションの柱とし、長年にわたり国際的なサッカー大会に深く関わってきました。サッカーは、攻守を持ち合わせた完ぺきな戦略をもって、世界中の人々に感動をもたらすエキサイティングなスポーツです。ドライビングのスリルと興奮を確実にコントロールし、独自のテクノロジーがもたらす高い安全性で、攻めと守りを兼ね備えたドライビングを提供するコンチネンタルタイヤは、まさにサッカーそのものです。

今回、コンチネンタルタイヤでは、『アジア最終予選 - ROAD TO RUSSIA』の日本対イラク戦に向けて、試合前に国内外の代表選手と手を繋いでピッチに入場する大役を担う子どもたち“エスコートキッズ”を募集し、6歳から10歳までの男女児22名が参加しました。エスコートキッズは、選手達が子どもたちの目の前で正々堂々と戦うことを誓う“フェアプレーの象徴”です。エスコートキッズプログラムに初挑戦した子どもたちは、保護者から送りだされる際は不安げな表情も見られたものの、特製ユニフォームに袖を通したあとは終始緊張しつつも元気いっぱいで本番を待っていました。そしていざ本番を迎えると、各々凛々しい表情で選手たちをエスコートし、立派に大役を果たしました。プログラム終了後、子どもたちは「夢じゃないよね?」「夢じゃないよ!本当だよ!」と大喜び。保護者たちからは「ピッチに立つ我が子を見て感動しました」「こんな機会は一生に一度」「人生の中で最高の経験!今日のこの日を一生子どもと語り続けたい」など、たくさんの喜びの声が聞かれました。


【コンチネンタル社について】
コンチネンタルは人とモノの輸送に関わるインテリジェントな技術を開発しています。信頼される業界パートナー、自動車産業サプライヤー、タイヤ製造、産業界パートナーとして、持続可能、安全、快適、カスタマイズ、アフォーダブルなソリューションを提供します。シャシー&セーフティー、インテリア、パワートレイン、タイヤとコンチテックの5部門の2015年度の売上高は約392億ユーロで、世界55カ国に約208,000人の従業員を擁しています。

<タイヤ部門>
タイヤ部門は現在、全世界に24か所の生産および開発拠点を有しています。幅広い製品ラインナップと研究開発への継続的な投資により、コスト効率的で環境にやさしいモビリティに大きく貢献しています。世界屈指のタイヤメーカーとして49,000名以上の従業員を擁するタイヤ部門は、2015年に104億ユーロの売上高を達成しています。

<乗用車・小型トラック用タイヤ>
乗用車・小型トラック用タイヤは、ヨーロッパ市場においてトップメーカーのひとつであり、新車装着タイヤ、補修用タイヤ市場において世界4位です。自社のプレミアムブランドの製品開発において、転がり抵抗を最小化しながら、安全関連のあらゆる特性を最適化することに焦点を当てています。現在、ヨーロッパの自動車メーカーが発売する新車の約3分の1にコンチネンタルタイヤが装着されています。
http://www.continental-tires.com


【スポンサーシップ】
コンチネンタルのタイヤ部門は、UEFA EURO 2016 フランス大会、AFCアジアカップ UAE 2019、ドイツDFBカップ、米国・カナダのメジャーリーグサッカーのオフィシャルスポンサーです。
http://www.ContiSoccerWorld.com

日本語公式サイト    : http://www.continental-tire.jp
日本語公式Facebookページ: http://www.facebook.com/continental.japan
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る