• トップ
  • リリース
  • 国内最大規模のレザーの祭典 Japan Leather Award 2016 1次審査通過100作品を公開する2次審査会を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA)

国内最大規模のレザーの祭典 Japan Leather Award 2016 1次審査通過100作品を公開する2次審査会を実施

(@Press) 2016年10月13日(木)10時00分配信 @Press

 一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA)[所在地:東京都台東区/会長:岩崎幸次郎(※)]は、日本最大規模のレザーの祭典「Japan Leather Award 2016」の1次審査会を、2016年10月10日(月・祝)・11日(火)に阪急うめだ本店9F「阪急うめだホール」にて開催いたしました。
 また10月22日(土)、23日(日)には、1次審査を通過した100作品の一般公開展示と、プロ審査員による審査を行う2次審査会を東京・マーチエキュート神田万世橋にて開催いたします。
※「崎」の字は、正しくは「大」の部分が「立」です

「Japan Leather Award 2016」サイト: http://award.jlia.or.jp/2016/


 「Japan Leather Award」は、「ジャパン×レザー」で世の中をもっと面白くしていきたいという想いのもと、レザーコンペティションイベントにとどまらない総合的な「レザームーブメント」の場として2008年より開催し、2016年で9年目を迎えました。革製品ユーザーでもある消費者も審査に参加できるオープンな審査会に加え、表彰式、受賞作品展示イベントなど、つくり手とつかい手がコミュニケーションできる場を提供することで、ジャパンレザーの魅力を発信しています。

 2016年は「素材×デザイン×ファッション=∞」をコンセプトとし、合計279点もの作品がエントリーされました。1次審査会当日は、プロ審査員と一般来店客150名に加え、ゲスト審査員にファッションデザイナーとしてご活躍されているドン小西さんをお招きし、集まった作品を審査。2015年に続いて審査にあたったドン小西さんは、たくさんの作品に感心するとともに、「若い人たちは既成概念を破って次世代に向けた新しい発想でデザインしていって欲しい。そして匠の技は受け継ぎつつも常に新しいエネルギーと融合させ、世代間の架け橋となることを忘れないで」と後進の育成や次代を見据え、あえて辛口なコメントを述べました。また、初日から一般の来店客も多数参加され、気になる作品を見つけると手にとって写真を撮るなど、会場は大いに盛り上がっていました。

 なお、2016年から2段階審査を採用しており、今回の1次審査では全応募作品から100作品が選出されました。東京で10月22日(土)、23日(日)に開催される2次審査では、1次審査を通過した100作品を、10名のプロ審査員が審査いたします。また、両日とも一般公開展示も行われます。
 選ばれた受賞作品は、2016年11月16日(水)に阪急うめだ本店で行われる表彰式にて発表されます。


■2次審査会 開催概要
日時:2016年10月22日(土)11:00〜21:00 ※プロ審査員審査実施日
   2016年10月23日(日)11:00〜20:00
場所:東京・マーチエキュート神田万世橋 イベントスペース「佇マイ」
※ 両日とも1次審査を通過した100作品の一般公開展示も行われます。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る