• トップ
  • リリース
  • 住友三井オートサービス、戦略提携に基づきセディナオートリースの株式を取得

プレスリリース

株式会社セディナオートリース、株式会社セディナ、住友三井オートサービス株式会社

住友三井オートサービス、戦略提携に基づきセディナオートリースの株式を取得

(@Press) 2016年10月03日(月)11時45分配信 @Press

 住友三井オートサービス株式会社(本社:東京都新宿区 社長:露口 章、以下 住友三井オートサービス)は、株式会社セディナ(東京本社:東京都港区、社長:中西 智、以下 セディナ)から、セディナの100%子会社である株式会社セディナオートリース(東京本社:東京都新宿区、社長 白木 英夫、以下 セディナオートリース)の発行済株式の60%を取得しましたのでお知らせ致します。

1.背景
 日本におけるオートリース市場はこれまで大口法人顧客を中心に成長を続けてきました。その中で、住友三井オートサービスは、株主である住友商事株式会社、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(以下、三井住友フィナンシャルグループ)、日立キャピタル株式会社のグループネットワークを活かした約4万社規模の法人顧客基盤と、全国規模の営業・サービス体制を強みに、オートリース会社としてリーディングカンパニーの地位を確立しております。一方、セディナオートリースは、三井住友フィナンシャルグループの一社であるセディナの個人向けクレジット事業を源流とし、長年培った個人向けビジネスのノウハウを活かしてオートリースでの事業基盤を拡大しており、8月末の保有管理台数は約3万台となります。

 今後、オートリース市場は、中小法人・個人の自動車ユーザーを中心に、更なる市場の成長が見込まれています。そこで、今般、住友三井オートサービスとセディナはセディナオートリースを共同事業会社とする戦略的提携関係を軸に、お互いが持つ顧客基盤・ノウハウを結集・活用し、相互尊重と協調の精神のもと、成長市場の開拓を推進することで合意しました。

 住友三井オートサービスは “お客さまに満足と感動を提供し続けることで、クルマ社会の発展に貢献”を、セディナは“お客さま一人ひとりにとっての新しいくらしの夢と満足を創造し続ける”ことを経営理念に掲げています。住友三井オートサービス、セディナ及びセディナオートリースは、お互いのグループの相互補完関係を深めることで、事業基盤の拡大だけでなく、多くのユーザーの方々にご満足頂ける、より付加価値の高い商品・サービスを提供し、社会の発展に貢献することを引き続き目指します。


2.株式異動後の子会社(セディナオートリース)の概要
 (1)名称:株式会社セディナオートリース
 (2)所在地:【本店】愛知県名古屋市中区栄二丁目8番12号
        【東京本社】東京都新宿区西新宿三丁目6番11号
 (3)代表者の役職・氏名:代表取締役社長 白木 英夫
 (4)事業内容:自動車リース業務
 (5)資本金:1億5千万円
 (6)設立年月日:1984年6月18日
 (7)大株主及び持株比率:住友三井オートサービス株式会社 60%、株式会社セディナ 40%

3.株式取得の相手先(セディナ)の概要
 (1)名称:株式会社セディナ
 (2)所在地:【本店】愛知県名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
        【東京本社】東京都港区港南二丁目16番4号
 (3)代表者の役職・氏名:代表取締役社長 中西 智
 (4)事業内容:カード事業、信販事業、ソリューション事業、融資事業、その他
 (5)資本金:828億43百万円
 (6)設立年月日:1950年9月11日            
 (7)大株主:株式会社SMFGカード&クレジット、フィナンシャル・リンク株式会社

【ご参考】 住友三井オートサービスの概要
 (1)名称:住友三井オートサービス株式会社
 (2)所在地:東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
 (3)代表者の役職・氏名:代表取締役社長 露口 章
 (4)事業内容:自動車リース事業及び自動車総合管理サービス事業
 (5)資本金:69億50百万円
 (6)設立年月日:1981年2月
 (7)大株主:住友商事株式会社、株式会社三井住友フィナンシャルグループ、日立キャピタル株式会社

                                     以 上
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る