• トップ
  • リリース
  • 喜多方ラーメン坂内、チェーン誕生29周年を記念し2日間限定で『創業価格まつり』開催!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

喜多方ラーメン坂内、チェーン誕生29周年を記念し2日間限定で『創業価格まつり』開催!

(@Press) 2016年10月04日(火)11時00分配信 @Press

半世紀以上も続く繁盛店「坂内食堂」(福島県喜多方市)を本店に持つ「喜多方ラーメン坂内」FC事業を展開する、株式会社麺食(本社:東京都大田区、代表取締役社長:中原 誠)は、喜多方ラーメン・焼豚ラーメン等、チェーンを代表するメニューを「喜多方ラーメン坂内」チェーンが誕生した29年前と同じ価格で提供する『創業価格まつり』を、各店舗2016年10月6日(木)・7日(金)または10月8日(土)・9日(日)の各開始日より2日間限定(店舗別)で開催いたします。

URL: http://ban-nai.com/16sogyokakakumatsuri.htm

『創業価格まつり』は、5年前、チェーン発足25周年を記念して行われた秋のキャンペーン。2016年はチェーン誕生から29周年という、30年を目前に控えた大切な一年。長きにわたり当チェーンを支えてくださったお客様への感謝の気持ちを込め、坂内食堂本店から受け継いだ、坂内・小法師を代表する喜多方ラーメン・焼豚ラーメンを創業当時の価格にてご提供いたします。そして、本店へ逆輸入商品ともなった大人気の商品、ねぎラーメン・ねぎ焼豚ラーメンも特別価格でご提供いたします。


■開催日別店舗一覧
[2016年10月6日(木)・7日(金)開催]
東京 :大手町店・有楽町店・京橋店・汐留シティセンター店・
    浜松町ハマサイト店・品川シーズンテラス店・五反田駅前店・
    西五反田店・恵比寿店・四谷店・歌舞伎町店・
    新宿西口思い出横丁店・初台店・千歳烏山店・高円寺北口店・
    大塚店・練馬中央店・多摩センター店・大森東口店・西蒲田店・
    浅草店・錦糸町店・曳舟店・木場店・小岩店
千葉 :市川店・蘇我店
茨城 :潮来店
神奈川:川崎東田店・金沢文庫店
静岡 :三島店
長野 :更埴店
愛知 :豊川店
三重 :四日市駅前店・四日市店・鈴鹿店
大阪 :針中野店

[2016年10月8日(土)・9日(日)開催]
東京 :新宿パークタワー店・池袋サンシャインシティ店・練馬店・調布店・
    八王子店・住吉店・大森店
神奈川:石川町店
埼玉 :川口東口店
栃木 :宇都宮店
茨城 :ドン・キホーテ日立店
岩手 :水沢店
高知 :六泉寺店


■創業価格まつり商品
・「喜多方ラーメン」…480円(通常価格650円)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113324/img_113324_1.jpg
当チェーンを代表する1番人気メニュー。手作り焼豚5枚の自慢の一品。

・「焼豚ラーメン」…650円(通常価格940円)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113324/img_113324_2.jpg
麺が見えないほどの丼いっぱいに盛った手作りのとろ旨チャーシュー。

・「ねぎラーメン」…600円(通常価格760円)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113324/img_113324_4.jpg
スープとの相性ぴったりのピリ辛の特製ダレを和えたシャキシャキねぎがたっぷり。

・「ねぎ焼豚ラーメン」…750円(通常価格1,040円)
https://www.atpress.ne.jp/releases/113324/img_113324_5.jpg
ピリ辛ねぎとボリュームのとろ旨チャーシュー。


■喜多方ラーメンの特長
・各店舗で毎日数回に分けて仕込んでいる“自家製焼豚(チャーシュー)”。坂内食堂本店と同様、チェーン発足時から変わらない、手作りの美味しさにこだわっています。
・水分を多く含んだ、“熟成平打ち多加水縮れ麺”と呼ばれる、モチモチの太めの縮れ麺。しっかりと茹で上げることで、プリッとした歯ごたえとつるっとした喉越しが生まれます。
・豚骨の旨味をじっくりと炊きだした透明スープと、特製醤油を合わせたコクのあるあっさり味。縮れた麺に絡み、スープと麺が一緒に味わえます。

子供から歳を重ねた方まで、誰でも毎日食べられる“シンプル”な美味しさは、「坂内食堂」創業者である坂内 新吾・ヒサ夫妻の想いを受け継いだ味です。


【喜多方ラーメン坂内・小法師の始まり】
坂内食堂の創業者である坂内 新吾・ヒサ夫妻は、「誰もが手の届く値段で、毎日でも食べられるラーメン」という想いを込めて、醤油味の多い中、色付け程度の醤油を入れた塩味ラーメンにこだわりました。その“飽きの来ない、毎日食べられるあっさり味”に出会い、惚れ込んで弟子入りした中原 明(現当社 代表取締役会長)は、喜多方ラーメンを知ってもらうために創業者坂内 新吾と5年以上、全国の百貨店催事場やイベント会場を回りました。その後、1987年4月に東京・新橋のガード下に「くら」という喜多方ラーメンのお店(現坂内内幸町ガード下店〈※改装中〉)を開くことができました。
1988年5月に、喜多方ラーメン坂内FC事業を企業化するため株式会社麺食を設立し、同年12月に1号店となる「喜多方ラーメン坂内長野店(現坂内東部町店)」が開店しました。

「喜多方ラーメン坂内」は、これからも、チェーン店でありながらも“手作りの美味しさ”にこだわり、1杯のラーメンで、多くのお客様がお腹も気持ちも満足と温もりを感じていただけるサービスを提供して参ります。


【会社概要】
名称    : 株式会社麺食(めんしょく)
本社所在地 : 東京都大田区大森北2-14-2 大森クリエイトビル6・7F
設立    : 1988年5月
店舗数   : 61店舗(直営店21店舗、加盟店38店舗、海外2店舗)
        ※2016年10月3日現在
代表者   : 代表取締役社長 中原 誠
ホームページ: http://ban-nai.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る