プレスリリース

  • 記事画像1

「冬商戦向け 映像制作トライアルキャンペーン」

(@Press) 2016年10月03日(月)08時30分配信 @Press

 流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫)の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている
株式会社impactTV(本社:東京都港区、代表取締役社長:寒河江清人)は、映像制作のトライアルキャンペーンを開始いたします。

◆「映像制作トライアルキャンペーン」概要

店頭販促用サイネージは、商品前に設置して音と映像を流し、商品の目の前を通る消費者に対して情報提供を行います。商品視認率を向上させ購買率を高めるためには、まずアイキャッチであること、消費者に分かりやすく商品の特徴・品質を伝えられる動画であることが重要です。そのため、サイネージで放映する店頭販促用映像の品質は、売上向上の大きな要因となります。今回のトライアルキャンペーンでは、impactTV累計出荷台数100万台・取引社数3000社の実績の中で、お客様と共に作り上げた映像制作の知見を活かした売れるテンプレート付で早く・効果的な映像制作をご提供いたします。

【実施概要】
内容:店頭販促用映像の基本構成(テンプレート)に沿って制作する映像です。
実施期間:2016年10月3日〜12月末日※期間中のご発注を対象といたします。




【テンプレート内容】
導入部分の問題提議カット×1、消費者インサイトカット×1、商品提案カット×1、
商品特徴 カット×3、プライスカット×1、BGM、効果音は弊社でご用意した素材を使用。
「商品情報」と「キャッチコピー」などの情報をテンプレートに当てはめて
店頭販促用映像を制作いたします。
お客様に用意頂く素材は商品画像・ロゴ等だけなので、従来の映像制作よりも工数がかかりません。

【オプションでカスタマイズ可能】
ナレーション追加 50,000円(ナレーション収録費・ナレーション原稿制作費)
商品特徴1カット追加15,000円 
その他の画像やBGMの追加なども可能ですのでご相談下さい。

【フロー】
要望をお伺いし、イメージに合うまで企画の練り直しを行います。
撮影を行う場合は、熟練したスタッフがサポートいたしますので、安心しておまかせください。
※制作期間は発注から1ヶ月〜1.5ヶ月となります。

◆impactTVとは
 
創業31周年を迎える株式会社impactTV(インパクトティービー)は、1996年に店頭販促ツールとして電子POP「impactTV」をリリース。これまで 3,000 社以上に導入しており、販売・レンタルとも業界シェアNo.1を誇るパイオニアです。
極小・軽量の3型から、定番の7型、エンドや催事向けの19型、さらに大型のモニタ取付型のメディアプレイヤーまで、 幅広いラインナップをご提供しており、設計・製造物としての安全性はもちろん、品質的にも故障率が0.2%以下と低く、導入企業様・設置店舗様に安心してご利用いただいております。

◆株式会社impactTV 会社概要

社名:株式会社impactTV(株式会社メディアフラッグ 100%子会社)
事業内容:デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供
(企画、製造、販売、運用支援、マーケティング分析)
設立:1986年7月
資本金:359百万円(2015年12月末現在)
代表者:代表取締役社長 寒河江清人
本社所在地:東京都港区赤坂3丁目11-3 赤坂中川ビルディング2F
従業員数:30名(2016年1月現在)
WebURL:http://www.impacttv.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る