• トップ
  • リリース
  • Nimble Storage、クラウドサービスプロバイダーに最適なアプリケーション セントリックのアプローチを発表

プレスリリース

Nimble Storage Japan合同会社

Nimble Storage、クラウドサービスプロバイダーに最適なアプリケーション セントリックのアプローチを発表

(@Press) 2016年10月04日(火)11時00分配信 @Press

プレディクティブ フラッシュ ストレージ ソリューションのリーダーであるNimble Storage Japan合同会社(本社:東京都新宿区、マネージング ディレクター 西岡 正)は、クラウドサービスプロバイダー(CSP)がアプリケーション セントリックのサービスを提供可能にする新しい機能を発表しました。


Nimble Storageのプレディクティブ(予測分析)フラッシュ プラットフォームは、SaaSおよびIaaSを含む世界500以上のCSP(Cloud Service Providers)環境で採用され、ストレージのデファクトスタンダードとなっています。今回発表する新しいアプリケーション セントリックのアプローチにより、CSP各社は、ストレージリソースのQoS(Quality of Service)とセキュアなマルチテナンシー機能を利用可能となり、効率的な運用で競争力を高めることができます。
Nimble Storageは、日本市場においても、今後、クラウド事業者への販売を強化します。
また、2016年10月20日(木)、米Nimble Storage本社より責任者が来日し、CSP、エンドユーザーなどに向けて、Nimble Storage製品とそのソリューションを紹介するセミナーを実施します。

Nimble StorageのWorldwide Channel担当Vice PresidentであるLeonard Iventoschは、次のようにコメントしています。
「CSP各社は、Nimble Storageにとって、成長著しい販売チャネルです。これまで、IaaSプロバイダーは、パフォーマンス、可用性、そして運用がシンプルであることから、Nimble Storageを選択していました。そして、これからは、他社にない大きな特長となるアプリケーション セントリックなサービスを提供可能となり、それは収益を上げ易いサービスモデルなのです。」


◆アプリケーション セントリックなデリバリーと解析が運用の効率化を加速
CPS各社は、Nimble Storageのソリューションを導入することで、セキュアなマルチテナンシー機能とQoSにより、インフラストラクチャの集約と予測可能な性能で容易なアプリケーション管理が可能になりました。マルチテナント対応のストレージは、セキュアなアプリケーション管理と、テナントごとの隔離を可能にし、自動QoSにより、不正なワークロードがクリティカル アプリケーションに影響を与えないようにします。
効率的な運用とインフラコストを抑えることで、CSP各社は、利用ユーザーに高いレベルのサービスを提供可能となります。CSP各社は、Nimble Storageのプレディクティブ フラッシュ プラットフォームを利用して、シンプルなインストールとプランニングにより、より多くの顧客と売上を迅速に獲得することができ、パブリッククラウドのオプションサービスと明らかに差別化されたサービスを提供することが可能となります。
また、プロアクティブに問題を予測・予防する「InfoSight(インフォサイト)」が、従来のサポートモデルと管理モデルを自動化します。最高のサービスを自動化するために予測分析と機械学習を活用することで、CSP各社は、運用労力をかけずに、プレミアムサービスを提供できます。


◆アプリケーション セントリックのプレミアムサービスで収益向上
CSP各社は、顧客にアプリケーションごとのパフォーマンスや容量要求に最適な様々なサービスレベルを提供可能になります。CSP各社は、アプリケーションに応じて、オールフラッシュアレイ上で稼働させたアプリケーションを、SLA(Service Level Agreement)が変更された後、オールフラッシュとアダプティブフラッシュ(ハイブリッド)アレイ間でサービスを中断することなく移動するようなサービスも提供可能になります。これによりCSP各社は、パフォーマンスのSLAに合ったサービス価格を設定可能になります。


◆Nimble Storage本社 プロダクトマーケティング責任者によるセミナー
InfoSightを含むNimble Storage製品とそのソリューションを、Nimble Storage本社 プロダクトマーケティング責任者が直接ご紹介するセミナー開催します。

◇2016年10月20日(木) 15:00-17:20
対象  :エンドユーザー
開催場所:ベルサール東京日本橋 (日本橋駅B6番出口直結)
参加方法:以下URLよりご登録ください。
参加料 :無料
http://info.nimblestorage.com/2016-10-20-JP-Tokyo.html

◇2016年10月20日(木) 10:00-12:20
対象  :パートナー、リセラー
開催場所:ベルサール東京日本橋 (日本橋駅B6番出口直結)
参加方法:以下URLよりご登録ください。
参加料 :無料
http://info.nimblestorage.com/2016-10-20-TokyoPartner.html


◆Nimble Storageについて
http://www.nimblestorage.com/ (本社サイト)
https://www.nimblestorage.com/location/japan/ (日本サイト)
Nimble Storage(NYSE:NMBL)は、プレディクティブ(予測分析)フラッシュ ストレージ ソリューションのリーディング企業です。フラッシュの持つパフォーマンスとInfoSightの予測分析機能を組み合わせたNimble Storageのプレディクティブ フラッシュ プラットフォームにより、ITインフラストラクチャの複雑さによって発生する高速データ提供の阻害要因を予測し回避することができます。Nimble Storageのお客様は、圧倒的なパフォーマンスとノンストップな可用性、そしてクラウドのような俊敏性を背景に、クリティカルなビジネスプロセスを推進することができます。Nimble Storageのプレディクティブ フラッシュ プラットフォームは、50ヵ国以上8,850以上におよび企業、政府機関、サービスプロバイダーに採用されています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る