• トップ
  • リリース
  • 復興支援プロジェクトのリーダーに訪れた「もしも!の時」を公開

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

日本PCサービス株式会社

復興支援プロジェクトのリーダーに訪れた「もしも!の時」を公開

(@Press) 2016年09月28日(水)18時45分配信 @Press

年間13万件以上のパソコン、スマホ、デジタル機器へのサポート実績をもつ日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市/代表取締役社長:家喜 信行/証券コード:6025)は、「ドクター・ホームネット」のスペシャルサイト< http://4900.tv/ >にて、スイミープロジェクトの委員長 栗須さんの「もしも!の時」を新たに公開いたしました。

________________________________________________________

プロジェクトが賛同を集め、世界へ広がっていく
インターネットの大切さを実感したネパールでの被災体験
________________________________________________________


<栗須さん の もしも!の時>
https://www.4900.co.jp/moshimo/post-1056/


栗須さん
神戸の花火・玩具卸売問屋「株式会社クリス」の三代目であり、スイミープロジェクト実行委員会の委員長。子どもたちの夢を描いた10mの鯉のぼりを掲揚または掲示する「スイミープロジェクト」は2012年に始まり、多くの企業や著名人の賛同を得る。神戸から始まった活動は現在7つの国と69の団体からの協力により、世界への広がりを見せている。



<「ドクター・ホームネット」スペシャルサイト>  http://4900.tv/
「ドクター・ホームネット」のスペシャルサイトでは「もしも!の時」と題して、暮らしを応援しつづける「ドクター・ホームネット」が「今を活躍する人、いまをつくる人」を取材し、日々の暮らしや仕事などでピンチだったことに対する克服ストーリーや、実際に起こったデジタル機器のトラブルなども紹介しています。また、各種トラブルに相応しいサービスの紹介なども行っています。

▼パソコン・デジタル・ネットワーク機器に困ったら
フリーダイヤル  0800-555-0049 まで、お気軽にお問い合わせください。


<日本PCサービス株式会社のブランド「ドクター・ホームネット」とは>
これからの日本では、少子高齢化が進み、それを補うべくIT化、スマートハウス化、ロボット化が、ますます進んで参ります。そこには必ず「人とIoT機器をつなぐサービス」が必要になります。

「家まるごとスマートサポートの日本PCサービス」は、ホームネットワークを維持、管理し、トラブル時には緊急で対応する企業として最高のサービスでICT、IoT機器社会の様々なお困りごとを解決し、お客様に安心、快適なスマートライフをお過ごしいただく。
それが私たちの使命と考え、スマートライフの発展とともに私たちのブランド「ドクター・ホームネット」のサービスも進化し続けます。


<ブランドロゴ>
「人とスマートライフの良い関係」をキャッチフレーズにパソコンをはじめとしたデジタル機器やホームネットワーク全般をサポートするサービスを表現。そこには必ず「人」が中心となり、さまざまな「人」の快適なスマートライフをご提案して参ります。


<会社概要>
会社名 : 日本PCサービス株式会社(証券コード:6025)
代表者 : 代表取締役社長 家喜 信行
所在地 : 大阪府吹田市広芝町9-33
設立  : 2001 年9 月
資本金 : 1 億8,880 万円
URL  : https://www.4900.co.jp/
      http://www.j-pcs.jp/
事業内容:ホームIoTの修理・設定・トラブル解決等のサポートサービス
     PC・デジタル家電・スマートフォン・HEMS・ネットワーク関連機器等
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る