• トップ
  • リリース
  • STAR CHANNEL MOVIES『ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜』2017年新春第二弾全国公開決定!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社東北新社

STAR CHANNEL MOVIES『ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜』2017年新春第二弾全国公開決定!

(@Press) 2016年10月18日(火)13時15分配信 @Press

 株式会社東北新社(東京都港区・植村徹社長)は映画『ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜』(原題:CHOCOLAT)を、STAR CHANNEL MOVIESとして配給、シネスイッチ銀座にて2017年新春第二弾全国公開いたします。
本作は、ショコラと呼ばれたフランス初の黒人芸人と、彼の才能を信じ支え続けた相方 フティットの半生を描いた感動の実話です。
 主人公 ショコラを演じるのは『最強のふたり』で黒人として初めてセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したオマール・シー。そして相方のフティットを、チャールズ・チャップリンの実孫でパフォーマーのジェームス・ティエレが演じ、圧巻のパフォーマンスを披露しているのも見どころです。
 監督は『あるいは裏切りという名の犬』をはじめとする多数の作品に出演し、俳優としても活躍するロシュディ・ゼム。
 ロートレックの絵のモチーフにもなり、映画の祖・リュミエール兄弟の映画にも出演した伝説の芸人コンビの真実の物語を、皆さまぜひご覧ください。

〈STORY〉
1897年、フランス北部。片田舎の小さなシルク(サーカス)で、落ちぶれた道化師のフティットは、後にショコラと呼ばれることになる一人の黒人と出会う。
 芸人としてコンビを組んだショコラとフティットは人気を呼び、パリの名門シルクの専属となって一世を風靡する。
 しかし、名声を手にしてもなお、人種差別の偏見の壁はショコラの前に立ちはだかり、その苦しみから逃れるようにショコラはギャンブルにおぼれていく。
 フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支え続けた相方のフティットが織りなす感動の実話。

■『ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜』
監督:ロシュディ・ゼム
出演:オマール・シー、ジェームス・ティエレ、クロティルド・エスム、オリヴィエ・グルメ
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
原題:CHOCOLAT
2015年 / フランス / カラー / 119分
(C)2016 Gaumont / Mandarin Cinema / Korokoro / M6
※Mandarin Cinemaのeの上にはアクサンテギュが付くのが正式

2017年新春第二弾 シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

「STAR CHANNEL MOVIES」とは、 “映画館でもTVでも、スターチャンネル(BS10)が厳選した良作を”をコンセプトに世界中から厳選した、映画本来の魅力が詰まった良質の作品を劇場公開、公開後はスターチャンネルにて独占日本初放送でお届けするプロジェクトです。

【東北新社 会社概要】
代 表 者:植村 徹
設  立:1961 年4月1日
資 本 金:24 億 8,700 万円
事業内容:総合映像プロダクション
http://www.tfc.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る