• トップ
  • リリース
  • ペガシステムズとNTTデータ ジェトロニクスアライアンスパートナー契約を締結

プレスリリース

  • 記事画像1

Pegasystems Incorporated、NTTデータ ジェトロニクス株式会社

ペガシステムズとNTTデータ ジェトロニクスアライアンスパートナー契約を締結

(@Press) 2016年09月28日(水)14時30分配信 @Press

BPM(ビジネスプロセス管理)領域で開発生産性の高い製品を有するPegasystems Incorporated(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、CEO:アラン・トレフラー、以下:ペガシステムズ)と、金融業務およびICTのノウハウを併せ持つNTTデータ ジェトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本 英史、以下:NTTデータ ジェトロニクス)は、2016年8月にアライアンスパートナー契約を結び、両社の強みを生かしてビジネス展開していくことを相互に合意しました。
今後は、日本市場でのビジネス拡大も踏まえ、種々の事務処理ソリューションを幅広く提供していきます。


【概要】
金融システムは高度な発展をとげてまいりましたが、例外ケースも多く業務分野ごとに高い専門性が要求されるため、高スキル人材に依存せざるを得ないビジネスプロセスがあります。
こうした課題を解決するために、ペガシステムズの主力製品である業務アプリケーション開発用統合プラットフォーム「Pega7」等のPegaパッケージソフトウェアと、NTTデータ ジェトロニクスが保有する専門性の高い金融業務ノウハウとのシナジー効果を目指し、このたび、アライアンスパートナー契約を締結しました。
これによってお客さまのビジネスプロセスとコストを最適化し、ビジネスの機動性を向上することができます。
本パートナー契約に基づき、ペガシステムズの日本法人であるペガジャパンとNTTデータ ジェトロニクスの協力体制のもと、Pegaパッケージソフトウェアを活用したビジネスを展開します。


【製品・ソリューションについて】
Pega7は、Javaベースのオブジェクト指向型ルールエンジンおよび開発やカスタマイズを行うための構造化ルール層からなる統合開発プラットフォームです。このプラットフォームは、データモデルの定義やユーザーインターフェースを容易に開発する機能を有し、コーディングをすることなく、対話的にかつ反復的に開発ができます。そのため、非常に開発生産性の高いものになっており、既に国内外の多くの金融機関や一般企業などに採用されています。

『NTTデータ ジェトロニクスの金融業務ノウハウとPega7プラットフォームのシナジー効果』
https://www.atpress.ne.jp/releases/112923/img_112923_1.jpg


NTTデータ ジェトロニクスは、Pegaパッケージソフトウェア専門のSEを擁しており、年々増加しているBPMに関するご要望に対応するため、さらに要員を増強し、お客様のニーズに応えていけるよう拡充していきます。


【今後について】
両社協力体制のもと、SWIFT決済系やAML分野など、種々の事務処理オペレーションにおいて、コスト面も踏まえた最適なソリューションを提供してまいります。また、双方の販売チャネルを用いて金融機関、保険会社、証券会社などへ幅広く提供していく予定です。


【両社のコメント】
競争の激しいグローバル市場において、日本の金融機関は、増加するお客さまの期待に応えるため、ビジネスプロセスの一層の効率化が求められています。金融市場における主要なITサービス会社であるNTTデータ ジェトロニクスとのパートナーシップにより、金融機関のコスト削減のみならず、新しい取引先の開拓ができるようになるでしょう。
- ペガジャパン株式会社 代表取締役社長 渡邊 宣彦 -

当社は50年近くにわたり決済システムやAML分野を中心に、大手銀行、信託銀行、地域金融機関、証券会社、外資系金融機関など、広範な金融機関向けにソリューションやITサービスを提供してまいりました。
昨今、グローバル化の進展に伴う決済システムの高度化、ならびに規制強化に的確に対応するため、さらにスピーディーにシステムを開発することが求められています。
ペガシステムズの統合プラッフォームを活用し、柔軟性に富んだソリューションをタイムリーに提供することで金融サービスのさらなる高度化に貢献します。
- NTTデータ ジェトロニクス株式会社 取締役常務執行役員 谷中 正司 -


【ペガシステムズおよびペガジャパンについて】
ペガシステムズは、世界のリーディング企業のカスタマーエクスペリエンス最適化と業務処理の自動化の取り組みに対し、変革をもたらします。当社が保有するBuild for Change(R)プラットフォームは、業務担当者がクリティカルな業務システムの構築や修正に主体的に関わることを可能とします。また、業界の主要な調査機関から、BPM製品市場およびCRMソフトウェアのリーダーとして認知されています。
ペガジャパンは、ペガシステムズの日本法人であり、主に日本国内にてビジネスを展開しています。
http://www.pega.com/jp/


【NTTデータ ジェトロニクスについて】
NTTデータ ジェトロニクスは、NTTデータの子会社であり、金融機関や企業にITソリューションを提供しています。その専門性の高さは、SWIFTのアライアンスゲートウェイとアライアンスアクセスに関する認定スペシャリストを保有し、“CLS Registered Plus”の認定ベンダーであることにも裏付けられています。金融業界における50年以上のビジネス経験により、ITコンサル、調達、システムインテグレーション、パッケージ導入、アプリケーション開発、保守・テクニカルサポート等の広範な分野でプロフェッショナルサービスを提供しています。
http://www.nttdata-getronics.co.jp/


【関連情報】
Pega7について   : https://www.pega.com/ja/products/pega-7-platform
金融ソリューション: http://www.nttdata-getronics.co.jp/solutions/financial/


■製品・サービスに関するお問い合わせ先
ペガジャパン株式会社 成枝
電話番号: 03-3221-2455
E-mail : PegaJapanMarketing@pega.com

NTTデータ ジェトロニクス株式会社
金融事業本部 ビジネス開発室 守本
電話番号: 03-5157-7813
E-mail : Financial-Solutions@nttdata-getronics.co.jp


*各製品名、サービス名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る