• トップ
  • リリース
  • <健康に関する意識調査>2人に1人は自分の健康に不満 2割は健康管理・維持にかける時間や費用の増加に積極的

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ジェーディーエス

<健康に関する意識調査>2人に1人は自分の健康に不満 2割は健康管理・維持にかける時間や費用の増加に積極的

(@Press) 2016年10月07日(金)11時00分配信 @Press

JNNデータバンク販売代理店の株式会社ジェーディーエス(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 正光、以下「JDS」)は、昨年に続いて今年(2016年)8月に実施されたJNNデータバンク首都圏調査(870名回答)より「健康」についての結果を報告いたします。


■調査結果
<自分の健康については、満足と不満が半々>
今回の調査では、自分の健康について「満足している(=大変満足している+満足している)」という回答が53.7%、「満足していない(=あまり満足していない+大変不満)」が46.0%と、全体として満足と不満が半々という結果でした。この結果は昨年と同様の傾向です。

図1:「あなたの現在の健康状態の満足度」n=回答者全員
https://www.atpress.ne.jp/releases/112847/img_112847_1.jpg


<健康管理にかける1ヶ月間のお金は、「使わない」〜「6千円未満」で8割弱>
スポーツやサプリメント摂取など、健康管理や体力維持のために何かしら取り組んでいる人(回答者全体の65.9%)に「1ヶ月間に健康管理や体力維持に使うお金」を尋ねたところ、「そのためのお金は使っていない」という人が28.6%、「3千円未満」の人が30.2%、「6千円未満」の人が17.5%という結果でした。これも概ね昨年と同様の傾向です。

図2:「1ヶ月間に健康管理や体力維持に使うお金」n=健康管理・体力維持の活動に取り組んでいる人
https://www.atpress.ne.jp/releases/112847/img_112847_2.jpg


<健康管理・維持にかける時間・お金の使い方 2割の人が増えると回答>
健康管理や体力維持に取り組んでいる人に、時間や費用のかけ方を今後どうするか尋ねると、7割が「かける時間は変わらない」、8割弱が「かけるお金は変わらない」と回答しました。一方、「時間を増やす」人は3割弱、「お金を増やす」人は2割強いて、健康管理・維持への時間的・経済的支出を惜しまない層の存在がうかがえます。

図3:「健康管理や体力維持に使う時間の今後の増減」n=健康管理・体力維持の活動に取り組んでいる人
https://www.atpress.ne.jp/releases/112847/img_112847_3.jpg

図4:「健康管理や体力維持に使うお金の今後の増減」n=健康管理・体力維持の活動に取り組んでいる人
https://www.atpress.ne.jp/releases/112847/img_112847_4.jpg


<健康をサポートしている企業は食品メーカーが上位>
「あなたの健康をサポートしていると思われる企業」の調査では、トップ3は、「ヤクルト」(37.1%)、次いで「カゴメ」(31.5%)、「タニタ」(30.1%)となりました。TOP10をみると食品メーカーのみならず「タニタ」「オムロン」といった健康関連機器メーカーが入っています。

図5:「あなたの健康をサポートしていると思われる企業」(複数回答)n=870
https://www.atpress.ne.jp/releases/112847/img_112847_5.jpg


<摂取した成分は「ニンニク」「LG21菌」「ビフィズス菌」>
この半年間において摂取した成分は、1位「ニンニク」(29%)、2位「LG21菌」(28%)、3位「ビフィズス菌」(27.7%)となっています。ベスト3は、他より少し抜き出ており、「LG21菌」「ビフィズス菌」は企業のコミュニケーションの賜物であると考えられます。

図6:「半年間で摂取した健康食品(成分)」(複数回答)n=870
https://www.atpress.ne.jp/releases/112847/img_112847_6.jpg


■JNNデータバンク首都圏調査概要
調査対象  :満13歳〜74歳 一般男女
調査地域  :首都圏(30km圏)
標本抽出  :第72回JNNデータバンク調査・首都圏回答者のうち、
       追加調査応諾者1,207名
調査方法  :郵送法(自記式)
有効回収標本:870名(配布 1,207名/有効回収率 72.1%)
調査時期  :2016年8月16日〜2016年9月1日

<JNNデータバンクとは>
TBSテレビをキー局とする全国28社のテレビ局(JNN系列)が、毎年共同で行っている総合ライフスタイル調査です。調査対象は、北海道から沖縄にいたる全国の都市部に住む約7,400名の13歳〜69歳一般男女。
1971年の第1回調査以来、40年を超える歴史を持ち、膨大なライフスタイル項目について、他に例を見ない貴重な時系列データを蓄積しています。年に3回の追加調査(首都圏)も実施しており、タイムリーなテーマにも対応しています。
JNNデータバンクは、参加企業を募集しております。お問い合わせは、販売代理店のJDSまで。

※ 2012年より、Japan-VALS(TM)軸で集計ができるようになりました。
※ 2014年より、札幌・首都圏・名古屋・関西・福岡の5地区は70〜74歳が調査対象に加わりました。
※ 「健康関連項目」につきまして他の項目もご覧になりたい方は、当社webトップページ内「提供サービス 最新事例」( http://jds.ne.jp/index.html )まで。

TBSテレビ「TBS生活者データ」ご紹介
http://www.tbs.co.jp/research/
JDS「JNNデータバンク」ご紹介
http://jds.ne.jp/datebase01.html


■会社概要
商号  : 株式会社ジェーディーエス
代表者 : 代表取締役社長 鈴木 正光
所在地 : 〒160-0004 東京都新宿区四谷2-11 龍文堂ビル4F
設立  : 1973年4月1日
URL   : http://jds.ne.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る