• トップ
  • リリース
  • 日本最大の社会人教育の予約プラットフォームを目指し「ストリートアカデミー」総額1.5億円の資金調達完了

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ストリートアカデミー株式会社

日本最大の社会人教育の予約プラットフォームを目指し「ストリートアカデミー」総額1.5億円の資金調達完了

(@Press) 2016年09月30日(金)12時00分配信 @Press

気軽なまなびのマーケット「ストリートアカデミー(以下 ストリートアカデミー)」を運営するストリートアカデミー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤本 崇、以下 当社)は、モバイル・インターネットキャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山中 卓)、Genuine Startups株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤 健吾)、第一勧業信用組合(本社:東京都新宿区、理事長:新田 信行)が出資、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都市、代表取締役社長:松本 直人)が運営するかんしん未来ファンドの投資ファンド各社と、株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川 信行)の合計4社を引受先とする総額約1.5億円の第三者割当増資の実施を発表します。


■今回の第三者割当増資について
当社は、2012年8月に個人によるスキル共有の文化を広める目的でストリートアカデミーを立ち上げて以来、掲載講座数及び展開地域を拡大し、社会人にとってのまなびの選択肢を増やしてきました。シリーズBの資金調達を実施以降、過去2年間で掲載講座数は7倍、月間受講件数は9倍に成長し、売上・利用者数ともに成長し続けております。

この度の資金調達により、地方展開の更なる加速及び社会人の学び意欲を活性化させるための新たな仕組みづくりを加速させ、社会人教育のプラットフォームとしては日本で圧倒的なポジショニングを目指すべく、事業拡大に邁進してまいります。

<第三者割当増資に関する引受先概要>
・株式会社マイナビ
・モバイル・インターネットキャピタル株式会社が運営するファンド
・Genuine Startups株式会社が運営するファンド
・第一勧業信用組合が出資、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社が運営するかんしん未来ファンド


■ストリートアカデミーについて
「まなびを自由に、当たり前に」をミッションに、2012年8月より個人が気軽にスキルを共有できるまなびのマーケット「ストリートアカデミー」(通称「ストアカ」、URL: https://www.street-academy.com/ )を展開。ビジネス・ITスキルから趣味・ライフスタイルまで、150以上のジャンルで気軽に学べる講座の掲載数は8,000件を突破。2016年9月現在、登録生徒数90,000人、登録先生数8,000人を突破。2015年12月にカルチュア・コンビニエンス・クラブ主催のT-Venture Programで最優秀賞を受賞した後、全国のT-SITE及び蔦屋書店でコラボ講座を開催するなど、従来の形式に捉われない新しい形のまなびの創出に取り組んでいます。

<会社概要>
会社名: ストリートアカデミー株式会社
代表者: 代表取締役社長 藤本 崇
所在地: 東京都文京区小石川1丁目4番1号 住友不動産後楽園ビル18階
設立 : 2012年7月17日
URL  : http://www.street-academy.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る