• トップ
  • リリース
  • リアルグローブ、人工知能ソリューション実現に向けてODKソリューションズと業務・資本提携

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社リアルグローブ

リアルグローブ、人工知能ソリューション実現に向けてODKソリューションズと業務・資本提携

(@Press) 2016年09月28日(水)16時00分配信 @Press

株式会社リアルグローブ(所在地:東京都文京区、代表取締役:大畑 貴弘、以下 リアルグローブ)は、株式会社ODKソリューションズ(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井 生和、以下 ODKソリューションズ)と、文部科学省主導の高大接続改革実行プランに基づいた「高大接続・学修支援プラットフォーム」、AI技術が人に寄り添い人をサポートする「パーソナルアシスタントコアエンジン」の開発において業務提携を行います。また、ODKソリューションズに第三者割当増資を実施し、5,000万円を資金調達いたします。

URL: http://realglobe.jp/


1 背景
リアルグローブは、知の機会均等の実現を目指した教育ビッグデータのAI的活用の取り組みや、人口減少社会を迎える我が国の救急医療・災害対応におけるロボット・IoT活用の取り組み等、社会における様々な「コト」をサービス化し知能化する事業を推進しております。
その事業展開の中で培ってきた、「モノのインターネット化」いわゆるIoT(Internet of Things)、AI(人工知能)、Robotics(ロボット技術)等の技術的知見と、それらを効率よく活用するためのプラットフォームやフレームワークを市場展開していくためのパートナーを熱望してまいりました。

2 資本・業務提携によるシナジーについて
ODKソリューションズは、「情報サービス事業を通じて顧客の繁栄・社会の発展に貢献する」との経営理念の下、最先端技術を用いたビジネスプラットフォームを提供し、様々なシーンの課題を解決することを使命にしております。ODKソリューションズのシステム及びビジネス構築ノウハウと、リアルグローブのIoTやAI、Robotics等の領域での技術力を重ね合わせることで、“円滑かつ高セキュリティなビジネスプラットフォーム”を構築し、IT技術を活用した便利な社会の実現に向け、取組んでまいります。


【高大接続・学修支援プラットフォーム】
現在、高等学校での学びの履歴をいかに大学へ連携するのかが検討されております。リアルグローブとODKソリューションズは、生徒の成績や学習達成度に留まらない日々の学びの情報を、IoT等を活用して収集する仕組みの実証事業を実施いたします。多元的な情報を分析・活用することで、各生徒が抱く自身の将来像に近づくための大学情報を提供するほか、収集した情報を大学受験に活用する等、多面的・総合的評価を目指す新たな大学入試のあり方について検討をすすめ、『教育関連情報のシームレスな収集と活用』を実現してまいります。
https://www.atpress.ne.jp/releases/112814/img_112814_1.png


【パーソナルアシスタントコアエンジン】
日常的に発生する問い合わせや依頼事項等を、AI技術を用いて自動対応する「BOT(ボット)」の提供を実現します。BOTは、行動履歴・文脈・傾向から自動的かつ継続的に機械学習を行い、担当者に代わって最適な業務処理を行います。
付加価値を創造し、企業成長の原動力を生み出すAIアシスタントの基盤となるコアエンジンを整備し、人的資源の高次業務へのシフトをサポートしてまいります。
https://www.atpress.ne.jp/releases/112814/img_112814_2.png


【ODKソリューションズ会社概要】
社名   : 株式会社ODKソリューションズ
URL    : http://www.odk.co.jp
代表者  : 代表取締役社長 西井 生和
本社所在地: 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町一丁目6番7号


【リアルグローブ会社概要】
社名   : 株式会社リアルグローブ
URL    : http://realglobe.jp/
代表者  : 代表取締役 大畑 貴弘
本社所在地: 〒113-0033 東京都文京区本郷七丁目3番1号
       東京大学アントレプレナープラザ
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る