• トップ
  • リリース
  • きらら×きららプロジェクトアニメ「ステラのまほう」コラボ企画ラッピング車両の運行について

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

叡山電鉄株式会社

きらら×きららプロジェクトアニメ「ステラのまほう」コラボ企画ラッピング車両の運行について

(@Press) 2016年09月26日(月)10時45分配信 @Press

叡山電鉄株式会社(本社:京都市左京区山端壱町田町8番地の80、社長:松下靖)では、株式会社芳文社(所在地:東京都文京区後楽1丁目2番12号、代表取締役社長:孝壽尚志)発行のまんが雑誌「まんがタイムきらら」と当社の展望列車「きらら」との「きらら」つながりで以前よりコラボ企画を行っておりますが、その一つとして、10月よりアニメ放送開始のくろば・U原作の「ステラのまほう」(「まんがタイムきららMAX」で連載中)とコラボレーションしたラッピング車両を2016年10月3日(月)夕方から運行開始します。
当社といたしましては、このようなコラボ企画を行うことで、より多くの方に「えいでん」を知っていただき、お越しいただければと考えております。また、これらを通じて京都・洛北エリアの活性化に寄与できればと考えております。

企画:叡山電鉄株式会社
協力:「ステラのまほう」製作委員会

1.「ラッピング車両」の運行について
「ステラのまほう×叡山電車」ラッピング車両は、「まんがタイムきららMAX」で連載中のス
テラのまほう」のキャラクターを車内に装飾します。
編成数:700系車両 1編成
車両番号:711号車
運行開始日:2016年10月3日(月)夕方より予定
運行終了日:2017年3月31日(金)予定
※ヘッドマークと側面コラボロゴは、事情により開始日が遅れることがあります。
※車両点検やその他の理由により運休や運行期間終了日を変更することがありますのであらかじめご了承願います。

2.ヘッドマーク
添付画像参照

3.オリジナルコラボロゴ
ラッピング車両には、「ステラのまほう×叡山電車」オリジナルコラボロゴが使われています。
添付画像参照

■Twitterの活用
Twitterの叡山電鉄の公式アカウント(http://twitter.com/#!/eizandensha)にて「ステラのまほう」コラボヘッドマーク車両に関する情報を配信します。

【参考】
●「ステラのまほう」 著:くろば・U 
TVアニメも好評放送中、まんがタイムきららMAXで連載しているくろば・U先生の作品。
高校生になった本田珠輝が入ったのは、なんと同人ゲーム制作サークル!
珠輝とちょっと癖のある部員たちが織り成す笑いアリ、修羅場(制作現場的な意味で)アリの青春ストーリー。同人ゲーム制作4コマの決定版です。
●「株式会社芳文社」
1946年に芳文社の前身となる「尚文館」を設立。1950年に芳文社に社名を変更し、1956年には日本初の漫画週刊誌「週刊漫画TIMES」、1981 年には日本初の4コマまんが専門誌「まんがタイム」、2003 年には萌え系4コマまんが「まんがタイムきらら」を創刊するなど、まんがを主力とする出版社です。
ホームページ http://houbunsha.co.jp/
●「まんがタイムきらら」
「まんがタイムきらら」は、4コマまんが専門誌の「まんがタイム」の姉妹誌として2003年に創刊された雑誌です。いわゆる萌え系4コマまんが誌のパイオニアとして、現在、グループ各誌を抱え、その中より「ひだまりスケッチ」のほか「けいおん!」や「あっちこっち」、「キルミーベイベ」、「Aチャンネル」などの連載作品がテレビアニメ化されています。
ホームページ http://dokidokivisual.com/
公式Twitter https://twitter.com/mangatimekirara
●「叡山電鉄」
京都市の洛北と呼ばれる北東部に2つの路線を持つ鉄道会社です。京都御所に近い出町柳駅を起点に北上。途中、宝ケ池駅で二手に分かれ、東は比叡山、西は貴船口や鞍馬に続いています。沿線には、貴船神社や鞍馬寺などの寺院、川床で味わえる料理、つつじやあじさい、紅葉など四季折々の自然が楽しめます。看板列車として展望列車「きらら」や「ノスタルジック731」があります。
ホームページ https://eizandensha.co.jp/
Twitter https://twitter.com/eizandensha
YouTube https://www.youtube.com/user/eizandensha

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る