• トップ
  • リリース
  • 京都の企業・寺社・NPOが将来世代支援で協働 ―「環境×アート」の児童向けワークショップ―

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

日本写真印刷株式会社

京都の企業・寺社・NPOが将来世代支援で協働 ―「環境×アート」の児童向けワークショップ―

(@Press) 2016年10月07日(金)11時00分配信 @Press

日本写真印刷株式会社(本社:京都市中京区、以下 日本写真印刷)が協賛する児童向けワークショップ「第10回京都洛北 まちくさみっけ!」を2016年10月20日(木)に、京都大原 寂光院(所在地:京都市左京区、住職:瀧澤 智明氏)で開催いたします。第10回となる今回は、小中一貫校 京都大原学院(校長:石飛 聡氏)3・4年生16人が参加いたします。

▽日本写真印刷が運営するまちくさみっけWebサイト
http://machikusa.nissha.com/


この取り組みは、日本写真印刷が社会貢献基本方針に掲げている「環境保全」「将来世代支援」を目的に、NPO法人子どもとアーティストの出会い(理事長:井手上 春香氏)と協働で実施しているプログラムで、京都洛北地域の30の神社仏閣で構成するNPO法人京都洛北・森と水の会(理事長:高井 和大氏)の主催で行われています。

京都の企業である日本写真印刷と寺社とNPOが協働する特徴的な取り組みで、子どもたちの環境への関心を高め、自由な発想力や表現力を育むことを目指して2011年より継続的に実施しています。

「まちくさ*」とは、町なかに生えている草などの植物を指します。ワークショップでは、「まちくさ博士」ことアーティスト重本 晋平氏のガイドのもと、日ごろ見過ごしがちな「まちくさ」を観察し、思い思いの名前を付けます。子どもたちは、普段は入ることができない寺社の庭園などを舞台にお気に入りのまちくさを探し、デジタルカメラで撮影します。その後、それぞれのユニークな「まちくさ名」を発表し合ったり、撮影した写真をプリントしてオリジナルのまちくさカードを作ったりします。
日本写真印刷は、未来を担う子どもたちの心豊かな成長を願って、今後も将来世代支援の活動を継続していきます。

*「まちくさ」:考案者は重本 晋平氏。町に生える植物とその周辺環境(路肩のアスファルトや溝など)を一つの風景として見立てそこに自由に命名・分類をする活動を全国で展開。

過去の開催風景は、日本写真印刷が運営する「まちくさみっけ Webサイト」でご覧いただけます。
▽まちくさみっけ Webサイト
http://machikusa.nissha.com/

寺社の庭で元気にまちくさを探す子どもたち
https://www.atpress.ne.jp/releases/112477/img_112477_1.jpg
「きつねのつえ」と命名されたまちくさ
https://www.atpress.ne.jp/releases/112477/img_112477_2.jpg


【開催概要】
名称  : 第10回 京都洛北 まちくさみっけ!
開催日 : 2016年10月20日(木)※ 雨天の場合10月21日(金)に延期
開催時間: 10:00〜12:00
開催場所: 京都大原 寂光院(所在地 京都市左京区大原草生町676)
      http://www.jakkoin.jp/
協力  : 京都大原学院(京都市立大原小学校・大原中学校)
      http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=106504
主催  : NPO法人京都洛北・森と水の会
      http://www.kyotorakuhoku.or.jp/
企画  : NPO法人子どもとアーティストの出会い
      http://www.npo-kad.com/
協賛  : 日本写真印刷株式会社
      http://www.nissha.com
注意事項: 一般参加は受け付けていません。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る