• トップ
  • リリース
  • ネットワーク対応型通話録音システム「LA-5000」が大手損害保険会社様にて採用

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ネクストジェン

ネットワーク対応型通話録音システム「LA-5000」が大手損害保険会社様にて採用

(@Press) 2016年09月27日(火)11時00分配信 @Press

株式会社ネクストジェン(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員 社長:大西 新二、以下 ネクストジェン)は、このたび、大手損害保険会社様にネットワーク対応型通話録音システム「LA-5000」が採用されたことを発表いたします。

LA-5000 製品ページ
https://www.nextgen.co.jp/solution/voice-logging/voice-logger/la-5000.html


「LA-5000」は、通話録音から録音データの保存・検索・再生までを実行でき、1つのシステムで24ch〜最大9,216chまでの録音が可能な通話録音システムです。また、全通話データを録音サーバーで集中管理し、データの検索や再生は、アクセス権限に応じてWebブラウザから容易に操作できることから、データ確保における信頼性と運用性に優れたシステムとして、金融企業様や公共機関にて多数ご採用いただいております。

当企業様では、本通話録音システムを検討するにあたり、ネットワークで接続することにより録音データの一元管理が可能であること、録音データ保存サーバーと再生サーバーを一つの筐体に同梱できることによるコスト面でのメリット、運用面での操作性、DBシステムにSQL版の最新バージョンを採用して動作の安定性とスケーラビリティが向上したこと等を評価され、「LA-5000」を本部(都内)と日本全国をカバーする複数の営業所でご導入いただくに至りました。


今後もネクストジェンでは、お客様のニーズにお応えするより良い製品およびソリューションの提供に努めてまいります。

■LA-5000 導入イメージ
https://www.atpress.ne.jp/releases/112355/img_112355_1.jpg


【株式会社ネクストジェンについて】
ネクストジェンは創業以来、VoIP(Voice over IP)のエキスパートとして、大手通信事業者のシステムを支えてきました。通信事業者向けの大規模IPセントレックスの構築や、IP電話システムの相互接続等、先駆的なソリューションを提供し続けております。また、昨今はクラウドとスマートフォンを活用した、大手通信事業者と連携したクラウドPBXサービスや、企業向け通話録音管理システムのリリース、世界でもあまり類をみないSIP/VoIPセキュリティ診断サービスも提供しており、通信事業者向けソリューションだけでなく、一般法人向けソリューションとサービスも充実させております。
コーポレートサイト: https://www.nextgen.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る