• トップ
  • リリース
  • テクノロジーの最先端を追求し続けるスピリットを持つ『ジャングル・ブック』が“世界初”の技術を駆使した日本限定スペシャルARコンテンツ配信開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

Blippar Japan 株式会社

テクノロジーの最先端を追求し続けるスピリットを持つ『ジャングル・ブック』が“世界初”の技術を駆使した日本限定スペシャルARコンテンツ配信開始!

(@Press) 2016年09月20日(火)15時00分配信 @Press

ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)(本社:東京都港区/代表取締役社長:ポール・キャンドランド)のスタジオ・エンターテイメント部門であるウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン(ゼネラルマネージャー:塚越隆行)は、8月11日(木・祝)に『ジャングル・ブック』を全国公開致します。

ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリを主人公に、自然の掟と共に雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳いあげる感動の生命の讃歌『ジャングル・ブック』。この夏、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のディズニーが贈る、“生きる力”があふれ出す奇跡のエンターテイメント巨編が、8月11日(木)に日本公開となる。
主人公の少年モーグリ以外、壮大なジャングルや表情豊かな動物たちがすべてCGで表現された本作は、その脅威の映像美とモーグリの感動的な成長ストーリーが話題となり、全世界興収10億ドル(約1000億円)に迫る大ヒットを記録中。この度、「アバター以来の心奪われる世界を描いた映画の一つ」(ザ・ワープ)などと称される本作に相応しい“世界初”の最先端技術を駆使したARコンテンツが日本限定で配信されることが決定した。

ディズニーの伝統は、テクノロジーの最先端を追求し続けるスピリット。ウォルト・ディズニーの遺作、名作アニメーション『ジャングル・ブック』(67)の動物たちが躍動するジャングルの世界観を描き切るために、映像技術が追いくのを待たなければならず、その世界を完全に実写化するには50年以上の年月が必要だった。そんな本作に相応しく、Blippar Japan 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長ショーン・ニコルス、以下Blippar(TM))の最先端技術「ビジュアルサーチ機能」を搭載した日本限定スペシャルARコンテンツが本日より配信となる。

本コンテンツは、ビジュアルブラウザーアプリ Blippar(無料)をスマートフォンやタブレット端末にダウンロード後、バナナ・手のひら・ハサミ・腕時計のいずれかを“ブリップBlipp(Blippar(TM)を起動し、認識させる対象物にスマートフォンをかざすこと)”し、読み込みが完了すると、それぞれのキャラクターと連動したコンテンツがディスプレイ上に現れ、映画の世界を堪能することができるというもの。また、4つ全てのオブジェクトを“ブリップBlipp”すると、ジャングル・ブックの壁紙がダウンロードできる。
今までの技術では、商品パッケージやブランドロゴ等、大きさ・形が限定された対象物のみ認識できていたが、本コンテンツでは、形状の異なる同種の物を認識できるという“世界初”の技術を搭載している。

本作で描かれるのは、スクリーンの隅々までディテールにこだわった、瑞々しく美しいジャングルと生き生きとした動物たち。厳粛な現実に毅然と立ち向かう力を描く世界観。観る者は、映像革命によって語ることが可能になった生命の物語に驚嘆することだろう。公開までは、Blippして、映像革命を体験しよう!

<STORY>ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、黒ヒョウのバギーラによって母オオカミのラクシャに預けられ、ジャングルの子となった。バギーラからは自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれ、幸せな生活を送るモーグリの前にある日、人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れる…。果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なのか? それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか? いまを生きるすべての人々に捧げる奇跡のエンターテイメント。

原題:The Jungle Book 全米公開:2016年4月15日(金) 
監督:ジョン・ファヴロー 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 
(c)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
8月11日(木・祝)全国ロードショー

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る