プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

富士フイルム株式会社

新ミラーレスデジタルカメラシステム「GFX」新開発

(@Press) 2016年09月20日(火)10時00分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、35mmフルサイズイメージセンサー※1の約1.7倍の中判サイズ(43.8mm×32.9mm)の大型「FUJIFILM Gフォーマット」イメージセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラシステム「GFX」を新開発しました。「GFX」は、「FUJIFILM Gフォーマット」イメージセンサーと新開発「Gマウント」の大口径フジノンレンズ「フジノン GFレンズ」により、コマーシャルフォトやファッションポートレート、風景写真など幅広い撮影シーンで、圧倒的に高い質感、立体感、空気感を表現し、富士フイルム史上最高画質が得られる画期的な新システムです。

◆詳細はWebサイトよりご覧下さい。
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1111.html?link=atp

本システムの第一弾として、有効画素数5140万画素の「FUJIFILM Gフォーマット」イメージセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)と、「フジノンGFレンズ」6本を開発し、平成29年春より順次発売します。今後もレンズのラインアップ拡充などを通じて、本システムの魅力をさらに広げていきます。

富士フイルムは、平成23年より、APS-Cサイズセンサー※2搭載のデジタルカメラ「Xシリーズ」を発売。「Xシリーズ」は、独自の色再現技術により、35mmフルサイズセンサー搭載機に匹敵する高画質で、多くのユーザーから好評いただいています。昨今では、プロ写真家やハイアマチュアから、さらなる高解像化による高い質感や立体感、空気感を「Xシリーズ」の色で実現したいというニーズが高まっています。今回、富士フイルムは、35mmフルサイズセンサーの約1.7倍の面積のイメージセンサーを搭載した「GFX」システムを提供することで、これらのニーズに応えていきます。
※1: センサーサイズ36mm×24mm。多くのデジタル一眼レフが採用している。
※2: センサーサイズ23.6mm×15.6mm

<関連情報>
富士フイルム ウェブサイト デジタルカメラ
  ⇒ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/?link=atp
「Xシリーズ」 公式Facebookページ
  ⇒ http://www.facebook.com/FUJIFILMXseriesJapan
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る