• トップ
  • リリース
  • 平成28年度「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」作品応募要項を発表!課題A部門に「温故知新」、B部門には「グリーン(植栽等)」のテーマを採用

プレスリリース

公益社団法人インテリア産業協会

平成28年度「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」作品応募要項を発表!課題A部門に「温故知新」、B部門には「グリーン(植栽等)」のテーマを採用

(@Press) 2016年09月13日(火)13時00分配信 @Press

公益社団法人インテリア産業協会(所在地:東京都新宿区、会長:渋谷 忠彦)は、平成28年度「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」作品の応募要項を発表しました。
本コンテストでは、ライフスタイルへの洞察に溢れ、時代性を上手に取り込んだインテリアコーディネーションを表彰します。施工事例、スタイリング事例を対象とする「事例分野」、自由な発想の広がりを期待する「課題分野」の2分野で募集します。


(1)応募テーマ
【事例分野】
・新築部門(一戸建て、集合住宅)
 新築住宅でのインテリアの事例とします。

・リフォーム部門(一戸建て、集合住宅)
 住宅のリフォームにおけるインテリアの事例とします。

・スタイリング部門(一居室のシーンに限る)
 住宅のインテリアで、居室のみや部分的なシーンのインテリア提案とします。
 小規模な模様替えのアイデアや、DIY的な事例も可とします。

【課題分野】
・A部門「私だけのインテリア空間」
「一辺3.0m×6.0m×6.0mの直方体を2個組み合わせた空間」を設定し、「私だけのインテリア空間」を作品にして提案してください。空間のテーマは「温故知新」(故きを温ねて新しきを知る)とします。2個の直方体のつながり方、外部との関係等は自由に設定してかまいませんが、提案される空間全体は一体となって繋がっているものとします。

・B部門「グリーン(植栽等)を活かしたユニークなリビング空間」
グリーンはインテリアの要素としても注目されています。既成概念にとらわれない視点や発想でグリーンの特性を活かした、ユニークなインテリア空間を提案してください。住居図面の指定はなく、クライアントや空間の想定は自由としますが、テーマカラーを二色設定し明示してください。また、実際に施工された実例の応募も可とします。(本課題の「グリーン」は、インテリアとして活用できる「植物類」を意味しています)


(2)応募資格
日本国内に在住もしくは拠点を持ち、日本語での各種連絡に支障がない方であれば、どなたでも応募できます。応募作品が、本コンテストの審査以前に、他の類似するコンテスト等に入賞、あるいは雑誌その他媒体で公表された場合は審査の対象外となる場合があります。応募作品点数の制限はありませんが、応募用紙は作品毎に必要です。


(3)応募期間(事例分野、課題分野の作品受付期間)
平成28年11月2日(水)〜11月24日(木)必着


(4)審査結果発表
平成28年12月末頃、主催者ホームページにて行います。


(5)表彰等
・経済産業大臣賞(事例分野から選出)…(賞状および協会副賞50万円) / 1点
・製造産業局長賞(課題分野から選出)…(賞状および協会副賞40万円) / 1点

(以下、両分野から選出)
・インテリア産業協会会長賞…(賞状および協会副賞30万円) / 2点
・部門賞…(賞状および協会副賞10万円) / 5点
・優秀賞…(賞状および協会副賞5万円) / 5点
・特別審査員賞…(賞状および協会副賞5万円) / 3点


(6)審査委員
・山田 智稔(相模女子大学名誉教授)
・池田 和修(公益社団法人 日本インテリアデザイナー協会理事長 インテリアコーディネーター)
・グリーンデザイナー(1名)
・インテリアコーディネーター実務者(2名)

※オブザーバー
・杉浦 宏美(経済産業省 製造産業局 生活製品課 住宅産業室長)
・渋谷 忠彦(公益社団法人インテリア産業協会会長)


(7)協会WEBサイト
詳細はホームページへ
http://www.interior.or.jp/contest/index.html
過去の入選作品等も掲載しております。
http://www.interior.or.jp/contest/coordination/prize.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る