• トップ
  • リリース
  • 子供が主役のリアル脱出ゲーム「それとけ!エニグマくんシリーズ第1話 暗号王国からの脱出」キッズキャンペーン開催決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

子供が主役のリアル脱出ゲーム「それとけ!エニグマくんシリーズ第1話 暗号王国からの脱出」キッズキャンペーン開催決定!

(@Press) 2016年09月09日(金)19時30分配信 @Press

株式会社SCRAP(所在地:東京都渋谷区、代表者:加藤隆生)は、自社制作のオリジナルキャラクター「エニグマくん」と協力して進めるゲーム・イベント「それとけ!エニグマくんシリーズ第1話 暗号王国からの脱出」において、2016年10月1日(土)〜11月27日(日)の2か月にわたりキッズキャンペーンを実施いたします。
2016年8月開催の公演では、小学生の満足度平均が10段階中9.5を記録する子供に大好評の本イベントは、キャンペーン期間中、東京・名古屋それぞれの会場で土日祝日の10:30より開演の1公演目を小学生以下の子供とそのご同伴の方のみが参加可能なキッズ公演として、小学生は通常公演の200円引きでご参加いただけます。なお、キッズ公演はすべて、謎に詰まったときにはスタッフからヒントをもらうことができる「イージーモード」の公演となります。
さらに、1部屋貸切予約もご用意しましたので、知らない人と謎を解くのが不安な方も安心してご参加可能です。
子供を中心に柔軟な発想で謎解きに熱中できる、まさに親子でお楽しみいただけるキャンペーンとなっております。

<ストーリー>
ある日、世界中のあらゆる暗号をつくっている暗号王国に大変な事件が起きた!
国王がいない間に、スパイ王国が攻めてきたのだ!
暗号王国は完全に包囲されてしまった!

王国ははげしく混乱する中、王子エニグマくんにも敵の魔の手が伸びる。
なんとかこのピンチを乗り越えてここから脱出しなくてはいけない。
謎が解けないエニグマくんを助けられるのは優秀な家来であるあなたしかいない!
さあ、あなたはこの絶体絶命のピンチを抜け出し、暗号王国を救うことができるだろうか??

■暗号王国からの脱出 キッズキャンペーン■
<キャンペーン対象公演日時>
東京会場:アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル
名古屋会場:ナゾ・コンプレックス名古屋

2016年10月1日(土)〜11月27日(日)
土日祝日の10:30スタート回

※一部対象外の日程がございますので、詳細はサイトにてご確認ください。
※大阪公演はキャンペーン対象外となります。

<キャンペーン詳細サイト>
http://www.scrapmagazine.com/news/eniguma_kids/

<開催都市>
東京、名古屋

<プレイ形式>
参加人数:6人
制限時間:60分

■キッズ公演は「イージーモード」の公演になります
イージーモードではストーリーや全体の流れは全く変わらずに、謎に詰まったときにスタッフからヒントをもらうことができる「お助けベル」を入場時にお渡しします。

<キッズ公演料金>
【前売】
一般:3,000円
学生(中学生以上):2,200円
小学生:1,000円
1部屋貸切:12,000円

【当日】
一般:3,500円
学生(中学生以上):2,700円
小学生:1,500円

※前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。

<予約方法>
Coubicにて2016年9月16日(金) 12:00〜より発売

<会場>
□東京
会場:アジトオブスクラップ 下北沢ナゾビル(東京都世田谷区北沢2-14-14)

□名古屋
会場:ナゾ・コンプレックス名古屋(名古屋市中区大須4-1-71 矢場町中駒ビル7・8F)

<お問い合わせ>
【東京】アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル
TEL : 03-5432-9805 (営業時間に準ずる)

【愛知】ナゾ・コンプレックス名古屋
TEL : 052-228-8561 (火〜金 15:00〜21:30 , 土日祝 9:30〜21:30)

+++++++++++++++++++
エニグマくんシリーズについて
新しいリアル脱出ゲーム「エニグマくんシリーズ」をお届けします。「エニグマくんシリーズ」はSCRAP社内での「R10プロジェクト」という企画から生まれました。R10プロジェクトは「10才から100才までの人たちが楽しめるリアル脱出ゲームを作ろう!」というプロジェクトです。

あらゆる世代が楽しめるゲームというとまるで夢物語のようではありますが、世の中にはたくさんの世代を超えたエンターテインメントがあります。例えばディズニーの作り出す映画は世代も国境も越えたすばらしいものだし、任天堂の作り出すゲームは長年世代を超え続けています。ジブリの作るアニメを親子で楽しむことはもちろんできるし、大人も子供もドラえもんの映画を観て涙します。

恐れ多いことですが、そんなエンターテインメントが創れないかなと考えました。それはとても難しいことではあるけれど、「創ってみよう」と思わないと創ることはできません。だから僕らは創りはじめてみる事にしました。

もちろんナゾトキイベントには「難易度」というとても解決するのが難しい問題があります。初心者の方も熟練者の方も同じように楽しめるナゾトキイベントを作るのはとても難しいことです。ましてや大人も子供も楽しめるものを創るなんてとてつもなく難しいことです。

だけど部屋の電気を消したときに真っ暗な部屋に文字が浮かんだら大人も子供もびっくりするし、物語の中に入り込んで主人公たちと一緒に冒険できたら興奮するし、あと少しで脱出できなければ悔しくてまた挑戦したくなるし、すべての謎を解き明かした瞬間の快楽は全世代共通のものです。

ナゾトキ初心者も熟練者も楽しめるように、謎の難易度は二種類用意しました。やや骨太の問題と、子供でも親しめるような問題の二種類です。でもここでの物語体験はだれでも同じように体感できるものです。子供と大人が一緒に興奮して、一緒に感動して、一緒に悔しがるゲームをこれから創り出していくつもりです。

その最初の作品が「それとけ!エニグマくんシリーズ第1話暗号王国からの脱出」です。どうぞ、ご期待ください。

P.S.
10才未満のお子様にはやや難しい内容になっています。でも、10才未満のお子様がご来場されても「大きくなったらもっと活躍したい」と思うようなゲームになっています。ぜひご家族みなさんでご参加ください。

SCRAP代表 加藤隆生

+++++++++++++++++++
リアル脱出ゲームとは?
2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。07年に初開催して以降、現在までで240万人以上を動員している。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテイメントである。
※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。
オフィシャルサイト→http://realdgame.jp/    
ツイッターアカウント→@realdgame

+++++++++++++++++++
ルーム型リアル脱出ゲームとは?
部屋の中の物を自由に触って動かせる、少人数制のリアル脱出ゲーム。同じ回に参加した人全員と協力して謎を解いていく。マンションの1室などを専用の部屋に改装したものが多く、常設店として営業。各回の定員は6〜10人。
※公演によって人数は異なります。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る