• トップ
  • リリース
  • CAC、「IBM Watsonエコシステムプログラム」のテクノロジーパートナーに選定

プレスリリース

株式会社シーエーシー

CAC、「IBM Watsonエコシステムプログラム」のテクノロジーパートナーに選定

(@Press) 2016年09月09日(金)10時00分配信 @Press

企業向けITサービスを展開する株式会社シーエーシー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦、以下 CAC)は、このたび、IBM Watsonエコシステムプログラムに参画し、テクノロジーパートナーに選定されたのでお知らせします。

近年、大量のデータを収集・処理し、仮説を立てて推論し、学習を繰り返して進化を続けるコグニティブ・コンピューティングが注目を集めていますが、IBM Watson(以下 Watson)は、それを具現化する代表的なテクノロジー・プラットフォームです。

CACは、顧客企業のビジネスの革新と創造をITで実現し、その企業価値向上に貢献すべく、時代適合の技術を活用してきました。現在は、AI関連技術への取組みを強化していますが、Watsonはこの分野で実績と将来性を兼ね備えた有力なテクノロジー・プラットフォームであり、当社の顧客にも大きな価値をもたらす可能性があると考えています。

CACは今後、医薬分野での豊富な業務知識とWatsonテクノロジーを組み合わせ、製薬企業などのビジネス革新を支援してまいります。MR(Medical Representatives:医薬情報担当者)の活動支援や、医薬品の研究開発分野における情報分析支援などが当初の適用分野になると想定しています。これらを皮切りに、当社が豊富な業務知識を持つ金融やサービスなど他の分野へも拡大していく考えです。


<IBM Watsonエコシステムプログラムについて>
日本市場でWatsonを活用したサービスの導入を推進させるため、ソフトバンク株式会社が日本アイ・ビー・エム株式会社と共同で構築・提供しているパートナープログラムです。
Watsonを活用したアプリケーションやサービスを提供する「ビジネスパートナー」と、Watsonの導入コンサルティングやWatsonと接続するアプリケーション開発などの技術的支援を行う「テクノロジーパートナー」の2種類で構成されています。


<株式会社シーエーシーの概要>
所在地 : 東京都中央区日本橋箱崎町24番1号
代表者 : 代表取締役社長 酒匂 明彦
資本金 : 4億円(東証一部上場 株式会社CAC Holdingsの100%子会社)
事業内容: システム構築サービス、システム運用管理サービス、
      業務受託サービス
コーポレートサイト: http://www.cac.co.jp/


[商標等について]
IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
その他、本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。


<本リリースに関するお客様からのお問い合わせ先>
株式会社シーエーシー
医薬ビジネスカンパニー
電話:03-6667-8046
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る