• トップ
  • リリース
  • 工学院大学ソーラーチームが東京ブランド推進プロジェクト「&TOKYO」イベントに出展

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

学校法人 工学院大学 総合企画部広報課

工学院大学ソーラーチームが東京ブランド推進プロジェクト「&TOKYO」イベントに出展

(@Press) 2016年09月15日(木)11時00分配信 @Press

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)のソーラーチームは、社会貢献活動の一環として2016年9月25日(日)※に西新宿エリアで行われる『Shinjuku Share Lounge & TOKYO』イベントに出展します。
当日は、環境にやさしいソーラーカーの展示やペーパークラフト製作などを行います。

※イベントは2016年9月23日(金)〜30日(金)に開催
 工学院大学の出展は2016年9月25日(日)のみ

『Shinjuku Share Lounge & TOKYO』
http://welcometoshinjuku.jp/shareloungeandtokyo/
ペーパークラフト製作の様子
https://www.atpress.ne.jp/releases/111508/img_111508_2.jpg

展示する車両は、日本の先端技術を結集し同チームの学生たちが創り上げた3号機「OWL(あうる)」で、2015年オーストラリアで行われた世界最大級のソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」において、クルーザークラス準優勝、2016年8月秋田県大潟村で行われた国内大会を大会新記録で優勝をするなど、輝かしい成績を残しています。
また『Shinjuku Share Lounge & TOKYO』イベントは、「東京ブランド推進プロジェクト」に採択されており、東京都と連携して多くの人が日常的に行き交う公共空間に作られたラウンジ空間で、東京の多様な魅力を伝える展示等の企画が実施されます。


■工学院大学ソーラーチームについて
学生の創造性を育成し、かつ人間性の成長を促進させることを目的とした「学生プロジェクト」の一つ。学部や学科の枠を超え、現在部員数197名で活動中。“50年後の未来を考えた地球の持続的利用”を理念とし、車両の開発・設計から製作、レースでの走行など全てを学生主体で行っている。2012年・2014年・2016年の国内大会優勝、2015年には世界大会で準優勝の実績。
参考サイト: http://www.kogakuin.ac.jp/feature/curiosity/solar/


■『Shinjuku Share Lounge & TOKYO』概要
『Shinjuku Share Lounge & TOKYO』は、一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会とShinjuku Share Lounge & TOKYO実行委員会が主催する、西新宿エリアの街路やビル広場などを利用し、歩道空間でのキッチンカーやアート作品展示など、解放感のある気持ちのよい空間が期間限定で展開するイベント。その他、各ビルや新宿中央公園でも連携イベントを実施。また、東京ブランド推進プロジェクト「&TOKYO」の一環として、「&TOKYO」のカラーで通りを演出する西新宿一丁目商店街“Welcome Lighting”も開催。
参考サイト: http://welcometoshinjuku.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る