• トップ
  • リリース
  • ジボダン社が、コナグラフーズ社のスパイステック・フレーバーズ&シーズニングス事業を買収 セイボリー分野の統合ソリューションを強化

プレスリリース

  • 記事画像1

ジボダン ジャパン株式会社

ジボダン社が、コナグラフーズ社のスパイステック・フレーバーズ&シーズニングス事業を買収 セイボリー分野の統合ソリューションを強化

(@Press) 2016年09月13日(火)10時00分配信 @Press

ジボダン ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:ファブリツィオ・ラホ)は、2016年5月23日の発表および米国の規制当局による承認の取得を受け、ジボダン社がコナグラフーズ社のスパイステック・フレーバーズ&シーズニングス事業(スパイステック事業)の買収を完了したと発表しました。スパイステック事業は北米でフレーバー、香辛料、セイボリー用シーズニングの製造・販売を行っています。

「このたびの買収は、2020年に向けての5か年計画の主要な柱である統合ソリューションの達成を目指す一歩です。コナグラフーズ社のスパイステック事業の製品・技術力はジボダン社の強い力となり、当社がセイボリー分野の統合ソリューションを迅速に拡大することに貢献するものとなります。当社は、スパイステック事業が当社の戦略に沿った有益な知見をもたらすことを期待しています。」とジボダン社CEOのジル・アンドリエは抱負を述べました。

また、フレーバー事業部プレジデントのモーリシオ・グレーバーは、「スパイステック事業に携わる皆さんをジボダンファミリーにお迎えし、ともに仕事ができることを大変嬉しく思います。ジボダン社の支援のもと、スパイステック事業のお客様に引き続き卓越したサービスをお届けすることをお約束します。近いうちに、セイボリー分野で、北米のみならず他地域の全てのお客様により幅広い製品をご提供することが可能になるでしょう。」と述べました。

ジボダン ジャパンの代表取締役社長ファブリツィオ・ラホは、「今後は、日本においてもスパイステック事業と協働する可能性のある分野を検討してまいります。」と述べました。ジボダン社は買収金額340百万米ドルを手持ち資金から出資します。


■ジボダン社について:
ジボダン社は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーです。食品・飲料・家庭用品・香水のメーカーなどと密に連携し、世界各地のお客様に喜んでいただける味と香りを開発しています。お客様の嗜好を把握したいという情熱と、革新的製品へのあくなき探求心を基に、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーとして「engage your senses (あなたの感性を魅了する) 」フレグランスとフレーバーを創り出してきました。2015年の売上高は4,396百万スイスフランに上ります。ジボダン社はスイス本社のほかに、80を超える地域に拠点を構え、従業員も全世界で9,500名を超えます。ジボダン社の詳細は、https://www.givaudan.com をご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る