• トップ
  • リリース
  • ボアソナード関係資料収集委員会 講演会「梅謙次郎と韓国近代法の夜明け」10月1日に法政大学市ケ谷キャンパスで開催

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人法政大学

ボアソナード関係資料収集委員会 講演会「梅謙次郎と韓国近代法の夜明け」10月1日に法政大学市ケ谷キャンパスで開催

(@Press) 2016年09月07日(水)15時00分配信 @Press

 法政大学ボアソナード記念現代法研究所は2016年10月1日(土)に講演会「梅謙次郎と韓国近代法の夜明け」を開催します。

 2016年は、梅博士が韓国に招聘され110年目の節目です。韓国・西江大学校の金祥洙(きむ・さんすう)教授をお招きし、ソウルでの梅博士の足跡、現在の韓国の学者の研究動向を中心にお話しいただきます。

 一般の方も無料で参加いただけますので、皆様のご参加お待ちしております。


【梅謙次郎博士(1860-1910年)】
 わが国「民法の父」といわれ、帝国大学教授、内閣恩給局長、法制局長官、文部省総務長官などの要職を歴任。本学が東京法学校から和仏法律学校法政大学に改称した時の初代総理(現在の総長)。1906年より韓国政府の法律顧問として度々渡韓し、現在の韓国裁判制度の始まりを成す「裁判所構成法」など多数の各種法令を立案起草した。1910(明治43)年8月25日、腸チフスのため京城(現在のソウル)で急逝した。


【開催概要】
日時    : 2016年10月1日(土) 13:00〜16:00(12:30開場)
会場    : 法政大学市ケ谷キャンパス
        法政大学ボアソナードタワー22階 研究所会議室3
アクセス  : 千代田区富士見2-17-1 飯田橋駅・市ケ谷駅から徒歩10分
主催    : ボアソナード記念現代法研究所・
        ボアソナード関係資料収集委員会
講演者   : 金祥洙教授(韓国・西江大学校法学専門大学院)
参加    : 参加費無料(事前申込不要)
定員    : 40名(先着順)
講演会責任者: 岡孝(現法研客員研究員)
URL     : [ボアソナード記念現代法研究所]
        http://gendai-hou.ws.hosei.ac.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る