• トップ
  • リリース
  • アバナード、マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016においてInternet of Things (IoT) アワードを受賞

プレスリリース

  • 記事画像1

アバナード株式会社

アバナード、マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016においてInternet of Things (IoT) アワードを受賞

(@Press) 2016年09月05日(月)13時00分配信 @Press

アバナード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:安間 裕、以下アバナード)は、日本マイクロソフト株式会社が主催する「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016」においてInternet of Things (IoT) アワードを受賞しました。マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤーは、マイクロソフト製品に対する高い技術力と豊富な実績をもち、システムインテグレーション、コンサルティング、教育、技術サポートなどを通じて、システム構築に関する最適なソリューションを提供している企業を選出するものです。

今回 アバナード が受賞した 部門の概要は以下の通りです:
Internet of Things (IoT) アワード

【アワード概要】
エンタープライズ クラスの顧客企業と共に Azure ベースの IoT (Internet of Things、モノのインターネット) ソリューションの開発、設計、展開に取り組んだパートナー企業に贈られます。

【アバナード 受賞理由】
Azure IoT を活用し、プロジェクト開始からわずか 3 か月でトライアル用のデータ収集の基盤構築を行うというスピード、トライアルが本格展開された場合においても大きな構成を変えることない拡張性の高さ、さらにオンプレミスに比べて低価格なプラットフォームおよびインフラストラクチャのコストという 3 つの要素がお客様のトライアル実現に向けた大きな原動力となり、お客様から高い満足度を獲得しました。

より詳しい情報については以下をご覧ください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/partner/jpaward/2016.aspx

【アバナードについて】
アバナードは、優れた人材とマイクロソフトのエコシステムにより、革新的なデジタルサービスおよびクラウドサービス、ビジネスソリューション、デザイン主導のエクスペリエンスを提供しています。アバナードのプロフェッショナルは、テクノロジー、ビジネス、業界に関する専門知識を組み合わせ、お客様とその顧客が求める成果を挙げるためのソリューションを構築・展開します。世界23カ国にデジタルでつながった2万9,000人の従業員を擁し、多様性と事業を展開する地域の社会を尊重するコラボレーティブな企業文化の下、お客様に最善のソリューションを提供しています。アバナードは、2000年に米国アクセンチュアおよび米国マイクロソフトにより設立され、アクセンチュアが筆頭株主を務めています。詳細は、https://www.avanade.com/ja-jpをご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る