• トップ
  • リリース
  • IoTソリューションサービスを提供する株式会社インターポレーションとの資本業務提携へ

プレスリリース

スリープログループ株式会社

IoTソリューションサービスを提供する株式会社インターポレーションとの資本業務提携へ

(@Press) 2016年09月06日(火)12時00分配信 @Press

「夢」を目指す人材を支援し、ITを中心としたBPO事業、ビジネス成長支援事業を提供するスリープログループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田 峰人、東証二部:2375)は、IoTソリューションサービスを手掛ける株式会社インターポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役:左舘 経明)と資本業務提携をいたしました。


株式会社インターポレーションは、IoT先進国であるフランスならびに欧州の企業との強いビジネス・ネットワークを基盤に、日本を含むアジア全域にエネルギーやインフラ分野に特化したIIoT(Industrial Internet of Things)のソリューションを展開することを企業ミッションとしています。IIoT通信網、通信管理ツール、ノード/工業センサーやレポーティング・ツールを分野毎に、E2E(エンドツーエンド)で顧客ニーズや工業シーンで直面している課題にフィットしたソリューションを提供しております。パートナー企業としては、Wi6Labs(IoTネットワーク管理ソリューション)、Nemeus(センサー・基地局メーカー)、Evolution Energie(エネルギー管理ソフトウェア)などを含む、多数社のソリューションの導入ならびに、実証実験を進めております。


当社はこれまでパソコン、ブロードバンドなどの需要に合わせて、人材の空いた時間や保持しているスキルを有効に活用し、オンデマンドサービスとして提供することで、各市場の発展とともに成長してまいりました。また、HEMSを中心としたIoT関連機器のサービスも既に提供しております。
今回の資本業務提携により、株式会社インターポレーションが持つ、欧州のIoT市場のナレッジを活用し、工業・インフラ・エネルギー産業で実証済みの最先端ソリューションをローカライズ、カスタマイズし、IoTインフラの構築、IoT関連機器の販売支援、IoT機器導入後のサポートなどのサービスを提供することで、さらなる企業成長を目指すとともに、本事業を通じてモノのネットワークが生み出すIoT社会の促進を目指します。

※HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムの略称です。家電や電気設備をつなぐことで電気やガスなどの使用量の「見える化」や家電機器の「自動制御(節電)」が可能になります。政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しており、市場規模が拡大していくと予想されております。

※IoTとは様々なモノがインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組み

※IIoTとはIoTテクノロジーを産業分野に適用することをコンセプトとする仕組み

※掲載されている会社名、商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


<株式会社インターポレーションについて>
会社名 : 株式会社インターポレーション
代表者 : 代表取締役 左舘 経明
所在地 : 東京都千代田区麹町2-3-3 8F
創業  : 2015年11月
資本金 : 2,840万円
URL   : http://www.inter-polation.com/
事業内容: ITインフラ事業、ITプラットフォーム事業
      IoT通信モジュール事業、データ解析事業


<スリープログループ株式会社について>
会社名 : スリープログループ株式会社
代表者 : 代表取締役社長 村田 峰人
所在地 : 東京都新宿区西新宿7-21-3
創業  : 1996年4月
資本金 : 10億353万円
URL   : http://www.threepro.co.jp/
事業内容: IT機器に関するサポートサービス/電気・電気通信工事
      コールセンターサービス、セールスプロモーションサービス
      ITエンジニア派遣、受託開発
      ビジネス成長支援事業(シェアリングエコノミー)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る