• トップ
  • リリース
  • 世界トップレベルの芸大、ロンドン芸術大学の公式パートナーとして、留学エージェントbeoが日本出願窓口業務開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

世界トップレベルの芸大、ロンドン芸術大学の公式パートナーとして、留学エージェントbeoが日本出願窓口業務開始

(@Press) 2016年09月01日(木)10時00分配信 @Press

留学サポートや英語学校事業など、留学のトータルサポートを提供するBEO株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・テイラー、以下 beo)は、2016年9月1日より、イギリスのロンドン芸術大学(University of the Arts London)公式出願窓口機関となりました。今後、コース選びから出願準備、面接手配、出願代行、合格後の入学手続きまで、大学の公式な出願窓口として日本からの留学希望者をサポートします。


■ロンドン芸術大学(UAL)とは
ロンドン芸術大学(UAL)は、世界を代表する大規模な芸術大学で、留学生も多く学んでいます。アート&デザイン分野に特化した6つのカレッジで構成され、充実した専門施設で、現役のデザイナーやアーティストから学ぶことができます。

有名なトップアーティストを多く世の中に送り出し、その中には、ジミー・チュウやアレキサンダー・マックイーン、ステラ・マッカートニー、ジョン・ガリアーノらがいます。

日本人の留学先としても大変人気で、芸術分野での留学をお考えの方であれば、ご存知の方も多い大学です。

短期コースや、2週間から受講できる英語+α(デザイン、ファッション、写真など)のコースも、豊富なラインナップで人気があります。

ロンドン芸術大学および日本公式出願窓口beo(ビーイーオー)について
http://www.artslondon.jp/


■留学エージェント beoとは
イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドの大学の公式出願窓口として、大学・大学院留学サポートを無料で提供する他、アメリカ留学(大学・大学院、語学学校)、その他英語圏への語学留学サポートを提供しています。また留学準備英語コースを開講し、海外大学・大学院の授業に備える英語指導をおこなっています。


■beoのロンドン芸術大学(UAL)留学サポートとは
ロンドン芸術大学(UAL)より公式なトレーニングを受け、各カレッジの特徴や入学条件、出願までのプロセスなどに精通したカウンセラーが常駐し、サポートを担当。学校(6つのカレッジ)・コース選び、出願準備や出願代行、入学の手続き支援など、beoが提供する従来の留学サポートに加え、ポートフォリオ(*1)審査・面接の手配なども、大学の公式な出願窓口として無料でおこないます。(留学準備英語コース、出願書類の英文添削、学生ビザ申請サポートなど、有料のサポートもあります)

※ロンドン芸術大学(UAL)留学サポートは2016年10月中旬開始予定です。

(*1)自身の芸術的センスや能力などを入学審査官にアピールするための作品集。海外大学・大学院の芸術系コースに出願する際に、必要書類のひとつとして提出が求められる。

下記はロンドン芸術大学(UAL)留学サポート内容の一部です。

●6つのカレッジより、ご希望と入学条件を考慮したお勧めカレッジ(コース)のご案内
●入学までの準備スケジュール、出願書類の準備のしかたなどをご案内
●出願書類の準備・作成アドバイス
●ポートフォリオ審査・面接の手配(大学スタッフ来日時、または、スカイプ等で実施)
●留学サポートご利用者限定イベントを開催(留学準備やポートフォリオについての説明等を予定)
●上記ロンドン芸術大学(UAL)入学までのサポートの他、希望される方には同分野の併願校のご提案・アドバイスも可能


【BEO株式会社】
BEO株式会社は、「国際教育」と「国際社会で活躍できるキャリア」を支援するため、留学サポートサービス、英語学校事業、キャリアコンサルティングなどの留学トータルサポートを展開しています。日本と海外との架け橋の役割を担うbeoは、全ての方が適切な教育を選択し、ご自身の夢を実現され、「最高の自分」を目指せる環境創出を目指しています。
URL: http://www.beo.co.jp/


【お問い合わせ】
ロンドン芸術大学 日本公式出願窓口beo(ビーイーオー)
お電話        : 03-5367-3315
Webからのお問い合わせ: http://www.artslondon.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る