• トップ
  • リリース
  • ジーンクエストと東京大学大学院医学系研究科、職業ストレスと遺伝子多型の関連性を明らかにする共同研究を開始

プレスリリース

株式会社ジーンクエスト

ジーンクエストと東京大学大学院医学系研究科、職業ストレスと遺伝子多型の関連性を明らかにする共同研究を開始

(@Press) 2016年09月12日(月)10時30分配信 @Press

株式会社ジーンクエスト(本社:東京都品川区、代表取締役:高橋 祥子)は、この度東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野 川上 憲人研究室と共同で、「ヒト遺伝子多型と職業性ストレスとの関連調査」を開始します。


◆研究の概要
ストレスチェック制度が施行されましたが、職業性ストレスの健康影響は、神経系の活動を決定する個人の遺伝子によって異なる可能性があります。しかし、職業性ストレスへの感受性に関する遺伝子パターンの研究は世界的にもまだありません。
本研究では、企業従業員を対象として質問票およびバイオマーカーによる調査を実施し解析することで職業性ストレスの健康への影響を調整する遺伝子多型の変化を捜索します。


◆期待される成果
職業性ストレスの感じやすさに関する遺伝的要因が明らかになれば、個々人が職業性ストレスを受けにくい働き方や個人ごとのテーラーメードの対策につなげることができると期待されます。


当社では今後も、共同研究によって生み出される成果を活かして、より信頼できる遺伝子解析サービスを提供し、遺伝子事業の発展に貢献できるよう取り組んでまいります。


■企業情報
社名  : 株式会社ジーンクエスト
所在地 : 東京都品川区東五反田5丁目22番37号
      オフィスサークルN五反田5階
設立  : 2013年6月20日
資本金 : 110,000千円(資本準備金含む)
代表者 : 代表取締役 高橋 祥子
事業内容: 個人向け遺伝子解析事業
URL   : https://genequest.jp/


■ジーンクエストリサーチについて
「ジーンクエストリサーチ」は、国内外の企業、研究者等と連携し、主に遺伝子解析キットを通じて蓄積されたゲノムデータを活用し、遺伝子多型と体質、疾患に関する幅広い研究に取り組んでおります。研究活用に関して同意が得られたユーザーのデータを匿名化し、倫理審査委員会により情報の取扱い、提携先における利用目的等の承認を受けた上で、研究活用します。今後も、共同研究パートナー企業、研究者とともに、サービスと研究のシナジーを創出し、新たな価値の創出を目指し実現してまいります。当社では、共同研究の研究者、パートナー企業様を広く募集しております。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る