• トップ
  • リリース
  • 本来のおもてなしとは?禅寺の副住職が語る仏教の教えとおもてなしの本質嵐電 心の時代講演会開催のお知らせ

プレスリリース

京福電気鉄道株式会社

本来のおもてなしとは?禅寺の副住職が語る仏教の教えとおもてなしの本質嵐電 心の時代講演会開催のお知らせ

(@Press) 2016年08月29日(月)16時30分配信 @Press

嵐電(京福電気鉄道株式会社(本社:京都市中京区))は平成21年より、皆様に少しでも心の安らぎを感じながら日々お過ごしていただけるよう、文化人をはじめ各界でご活躍の方々を講師にお招きし、「心」をテーマとした講演会「嵐電 心の時代講演会」を開催しております。
第18回目を迎える今回のテーマは「仏教とおもてなしの心」。近年、世界的に日本の「おもてなし」が注目されていますが、「おもてなし」という言葉が独り歩きしていませんか。仏教の実践と深い関係がある「おもてなし」の本質を退蔵院副住職で「京都観光おもてなし大使」を務める松山大耕師にお話しいただきます。講演会の後は、退蔵院の庭園もご拝観いただけます。禅の心にふれながらおもてなしの本質を知っていただける本講演会の取材、報道をお願いします。

日時
10月23日(日)14時〜15時30分
※受付は13時30分より
※講演会終了後、庭園拝観をお楽しみいただけます

会場
退蔵院(妙心寺塔頭) 嵐電「妙心寺」駅より徒歩約7分

講師
退蔵院副住職 松山大耕

テーマ
仏教とおもてなしの心

参加費
無料(庭園拝観付き)

申し込み
事前予約制(先着100名様)
申し込み期限:10月20日(木)17時まで
申し込み方法:Eメールまたは電話にてお申し込みください。(心の時代係宛)
Eメール event@keifuku.co.jp
電 話 075―801―5315(平日9時〜17時)

ご参考
(講師:松山大耕師 ご紹介)
1978年 京都市生まれ。
2003年 東京大学大学院農学生命科学研究科修了。
埼玉県新座市・平林寺にて修行。
2007年 退蔵院副住職
2009年 観光庁「Visit Japan大使」任命 
2011年 京都市「京都観光おもてなし大使」任命

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る