• トップ
  • リリース
  • “災害に強い”多機能性ファッションアイテムなどの『LAST GEAR』オープン 奈良の田んぼの中に会員制セレクトショップが出現!〜日本初「5.11 タクティカル」商品主流の実店舗 限定品などの専売権利も取得〜

プレスリリース

株式会社ブラック・ユニバース・エンティティー

“災害に強い”多機能性ファッションアイテムなどの『LAST GEAR』オープン 奈良の田んぼの中に会員制セレクトショップが出現!〜日本初「5.11 タクティカル」商品主流の実店舗 限定品などの専売権利も取得〜

(@Press) 2016年08月30日(火)09時30分配信 @Press

株式会社ブラック・ユニバース・エンティティー(所在地:奈良県大和郡山市、代表:櫻田 健)は、“最後のモノ”をコンセプトに、タクティカルギア(災害に強い多機能性ファッションアイテム)などのセレクトショップ『LAST GEAR(ラストギア)』を、奈良県・大和郡山市に2016年8月20日(土)にオープンしました。
当店は、米国のタクティカルギアブランド「5.11 tactical(タクティカル)」の商品を主流に扱う日本初&唯一のセレクティブプレミアムディーラー実店舗となり、オープン当日は、本社カリフォルニアから役員のブライアン・トリップ氏も駆けつけました。

『LAST GEAR』Facebookページ
https://www.facebook.com/lastgearshop/

<「5.11 タクティカル」とは>
「5.11 タクティカル」は、ミルスペック(軍用仕様)に準拠したアパレルブランドです。米国の様々な法的執行機関は、制服ではなく普段着で勤務する執行官の数が多く、警察・消防士・救急士に多く愛されています。タクティカルウェアには見えない、いつでもどこでも着られるデザインのアイテムを取り揃えており、近年ではトレンドをおさえた女性向け商品にも力を入れています。
http://www.511tactical.com/ (本国サイト)

▼「5.11 タクティカル」ブライアン・トリップ氏と当社代表 櫻田 健
https://www.atpress.ne.jp/releases/110684/img_110684_4.jpg


【オープン背景】
■素材+デザイン+機能を備えたタクティカルギアを提案
地震大国の日本では、大震災が起こるたびに、ワイヤーだらけの瓦礫や崩れた岩の中でバッグもブーツも洋服もぼろぼろになり、たくさんの人々が「壊れる」「失う」ことに虚しさを覚えてきました。しかし、世の中のモノは依然として数年で壊れるものばかり。そこで、壊れることが前提で作られたモノではなく、常備できる「素材+デザイン+機能」を備えたモノが必要と考えたときに出会ったのが、軍用にも使われる「タクティカルギア」です。
突発的な災害時には、着の身着のままで飛び出しそのまま数週間・数ヶ月間を生き抜かないとならず、その時身に着けているモノが“最後のモノ”になるかもしれません。そんな究極の場面でもタクティカルギアを身に着けていることで、自分の身を守ることができます。

一般的にタクティカルギアと聞くと、ミリタリー風で重量な装備をイメージされがちですが、「5.11 タクティカル」では、スタイリッシュで普段着にも使えるアイテムを多く扱い、米国では女性に向けた商品も増えています。そんなタクティカルギアを多くの方々に知っていただくため、セレクトショップ『LAST GEAR』をオープンすることになりました。

<「タクティカルギア」とは>
ハードな現場での着用を想定した、耐久性に優れた「多機能性ファッション」アイテム(衣類・装備品)を広く指します。ベスト・ベルト・ポーチなどバラエティが豊富で、最近は流行するサバイバルゲーム用途で本場海外メーカー製品を通販で買い求める人も多くいます。


【『LAST GEAR』について】
災害現場でも活躍するアイテムを常時800種類以上用意。正規代理店として米のタクティカルギアブランド「5.11 タクティカル」を多く扱い、レディースの品揃えは世界でもトップクラスを誇ります(5.11 タクティカル認定)。いずれもデザインは、迷彩柄などではなく普段使いできるものばかりです。

災害が発生して手ぶらで数日過ごすことになった場合に、身に着けている“最後のモノ”=LAST GEARとして最適なアイテムを取り揃えています。

<特長>
■「5.11 タクティカル」の日本初&唯一のセレクティブプレミアムディーラー
『LAST GEAR』は、「5.11 タクティカル」の正規代理店であり、日本初の「5.11 タクティカル」商品を主流とする実店舗です。開店に伴いさらにセレクティブプレミアムディーラーシップを寄与されました。これにより様々な限定品などの専売権利も取得しました。

■“非日常”と“ギャップ”がテーマ
『LAST GEAR』は、都会から離れた田んぼの中に店を構えています。「ビルの中でなく田んぼの中」「田んぼ風景なのに、都会的なスタイリッシュな建物」というギャップが非日常を想起させます。また、店内のチェスターフィールドファニチャーを中心としたインテリアがアーバンフューチャーな異空間を作り出しています。
“非日常”と“ギャップ”の中で目にする“最後のモノ”たちを通して、情報収集だけではわからない経験や新たな価値観を得ることができます。

■顧客別に提案する接客スタイル
お客様一人ひとりと深い関係を構築するために、『LAST GEAR』では会員制を取っています。購入履歴から会員のニーズを汲み取り、商品に精通した従業員3人が顧客ごとに最適な提案を行ってまいります。

▼店舗内観
https://www.atpress.ne.jp/releases/110684/img_110684_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/110684/img_110684_3.jpg

▼田んぼの中に出現(キャッシャーからの景色)
https://www.atpress.ne.jp/releases/110684/img_110684_2.jpg

▼店舗外観
https://www.atpress.ne.jp/releases/110684/img_110684_6.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/110684/img_110684_7.jpg


<商品例>
〜過酷なシーンのために常備しておきたい厳選アイテム〜

・アパレル 5,000〜50,000円(税別)
https://www.atpress.ne.jp/releases/110684/img_110684_5.png (シャツ)
普通に見えるシャツの裏に大きな内ポケットがあり、容易にものを取り出せます。また、ギミックボタンの裏にスナップボタンを採用することで、素早くシャツの前方を開けることができます。

・5.11 タクティカル メッセンジャーバッグ 12,700〜14,500円(税別)
https://www.atpress.ne.jp/releases/110684/img_110684_10.jpg
トラベル・ビジネスシーン・タクティカルシーンを問わず使える多目的ショルダーバッグです。ポーチやアクセサリーなどを装着できるベルクロ(面ファスナー)を搭載。サイドにはボトルなどを収納できるメッシュポケットを装備しています。また、撥水加工が施され、耐摩耗性に優れた1050デニールのナイロン素材を採用しているので多少の雨も問題ありません。


■店舗概要
店舗名    : LAST GEAR(ラストギア)
所在地    : 〒639-1115 奈良県大和郡山市横田町38-1
アクセス   : 西名阪自動車道 郡山ICから車で5分
定休日    : 火曜日(お電話で要確認)
営業時間   : 10:30〜19:30
取扱いブランド: 511 Tactical、MSR、Platypus、Seal-line、PackTowle など
価格帯    : 1,000円〜200,000円(税込)
TEL      : 0743-85-7644
URL      : https://www.facebook.com/lastgearshop/


■会社概要
商号  : 株式会社ブラック・ユニバース・エンティティー
代表者 : 代表 櫻田 健
所在地 : 〒639-1115
      奈良県大和郡山市横田町38-1
設立  : 2016年4月
事業内容: アパレル、タクティカルブランドの輸入
      卸販売、実店舗による販売、安全管理
      コンサルティング業務、投資業務
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る