• トップ
  • リリース
  • 国産のドア・サッシを採用した住宅では国内初 千葉の工務店の省エネ住宅が北米最高水準の認証を取得

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

特定非営利活動法人 日本外断熱協会

国産のドア・サッシを採用した住宅では国内初 千葉の工務店の省エネ住宅が北米最高水準の認証を取得

(@Press) 2016年08月25日(木)14時30分配信 @Press

特定非営利活動法人 日本外断熱協会(所在地:東京都港区、理事長:宮坂 幸伸、以下 JAEI)は、JAEI会員である株式会社ハヤシ工務店(千葉県旭市)の国産のドア(制作:株式会社山崎屋木工製作所/長野県千曲市)とサッシ(制作:YKK AP株式会社/東京都千代田区)を採用した住宅が、米国パッシブハウス協会(PHIUS)が提唱する省エネ住宅の北米最高基準「PHIUS+ 2015」のプレ認定を取得したことを報告します。完成後に認定となる見込みです。(PHIUSの認証は国内で2例目。国産のドア・サッシを採用した住宅では国内初。当社調べ)


【「PHIUS+ 2015」の認定について】
冷房・除湿実績の乏しいドイツ中部の気候条件に依拠しているドイツ発のパッシブハウス(※)基準に対して、米国のPHIUSが提唱するPHIUS+ 2015基準は、暖房負荷だけでなく、冷房・除湿負荷や暖房・冷房設備容量の各基準値が敷地の気候条件によって指定されます。
ハヤシ工務店が拠点を持つ千葉県旭市は、強い潮風と比較的マイルドな海洋性気候に曝され、クリアすべき冷房負荷の難問がありました。そこでFraunhofer建築物理研究所が開発する建物熱・湿気性能予測アプリ「WUFI Passive/Plus 3.x」を駆使して、外皮の防露性能や耐久性にも配慮した超高断熱・高気密外皮を使った高耐久住宅に設計することで、この問題を解決。「PHIUS+ 2015」基準での仮認証が見込める運びとなりました。

※パッシブハウスとは
ドイツ生まれの世界基準省エネ住宅の考え方で、建物の性能を上げ、極力エネルギーを使わないで快適に暮らせるようにすることを目的としています。


【ハヤシ工務店のパッシブハウスの特長】
1. 地域の気候条件を第一優先
2. 経済性と健康リスクを考慮した最高水準の住宅
3. 外皮の熱・湿気に配慮した高耐久住宅

ハヤシ工務店: http://lohas-in.net/


■法人概要
JAEIは、木造部会(部会長:吉田 一居)を通じて、「市場における木造外張り断熱工法(連続断熱)の技術的価値と社会的意義の認知向上を図る」活動などを行っております。

名称  : 特定非営利活動法人 日本外断熱協会(JAEI)
所在地 : 〒105-0011
      東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館407号 (一社)外断熱団体内
URL   : http://www.sotodan-npo.org/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る