• トップ
  • リリース
  • アドバンテック、マイクロソフト・グローバル・IoTバリュード・パートナーに認定 日本地区におけるEmbeddedおよびAzure CSP正規代理店契約を締結

プレスリリース

アドバンテック株式会社

アドバンテック、マイクロソフト・グローバル・IoTバリュード・パートナーに認定 日本地区におけるEmbeddedおよびAzure CSP正規代理店契約を締結

(@Press) 2016年08月18日(木)13時00分配信 @Press

 産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテック(Advantech Co.,Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)は、“マイクロソフト・グローバル・IoTバリュード・パートナー”の認定をうけ、日本地区において、Embedded正規販売代理店、ならびにクラウド販売パートナー認定プログラム(クラウドソリューションプロバイダープログラム、以下 CSPプログラム)の正規販売代理店として契約を締結したことを本日発表しました。

 これらの締結は、以前よりアジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東およびアフリカ地域、および米国およびカナダ地域のみ認められていましたが、このたびの日本地区における認定により、アドバンテックの“組込みコンピューティング”および“IoTサービス・プロバイダー”としてのポジションを確固たるものにします。

 さらに、IoT産業の発展を促進するために、アドバンテックは、マイクロソフトとの協力のもとWISE-PaaS IoTソフトウェア・プラットフォーム・サービスを開発いたしました。また、アドバンテックのハードウェアは、マイクロソフトAzureクラウド・プラットフォームで動作することが検証されています。アドバンテックは、お客様が迅速にIoTアプリケーションを構築できるオールインワンSRP(ソリューションレディパッケージ)サービスをワンストップで提供します。


■IoTの協業を強化
「アドバンテックでは、マイクロソフトとのワールドワイドでの協力関係を強めてまいりましたが、IoTの最先端をいく日本で、このパートナーシップを完全なものにできたことを、大変うれしく思っております。
当社では、IoTを実現するために必要な、ゲートウェイやセンサノードをはじめとしたハードウェア、ならびにWISE-PaaSを提供していますが、この度の契約締結により、オペレーティングシステム、ならびに、データの統合・解析を実現するAzureまでを、当社がすべてワンストップで提供できるようになりました。このようなIoTソリューションをトータルでご提供できる産業用メーカーは、他にありません。
創造性と挑戦、そしてスピードがこれまで以上に求められているものづくりの現場において、アドバンテックとマイクロソフトの提供するトータルソリューションで、この要求を満たし、日本において新しい市場を開拓していけることは、この上ない喜びです。」
〜アドバンテック株式会社 社長兼日本地区最高責任者 マイク小池


「IoTと接続されたデバイスの世界は驚異的な速度で成長しています。私たちは、クリティカル・デバイス・エッジ・シナリオだけでなく、クラウドでソリューション間を調整する能力を持つパートナーを求めています。マイクロソフトにとりまして、顧客がIoTへの投資を最大限にする支援ができる企業として、アドバンテックは信頼できるパートナーです。
Windows 10は、今までのWindowsの中でも最も安全性が高く、低価格品から大容量のコンピュータ・デバイスのコネクテッド・エクスペリエンスを提供します。また、Azureは、PaaS、SaaSだけでなく、データおよび分析にまでわたる最も安全なクラウド・プラットフォームです。エンド・ツー・エンド・デバイスの専門知識を持ち、Azure IoT用に認定されているデバイスとカスタマー・ソリューションの開発と刷新を続けているアドバンテックは、マイクロソフトにとりましても、とても大切なパートナーです。」
〜ロドニー・クラーク、Microsoft's IoT DX GM


■オペレーティング・システムとツールの包括的セット
 アドバンテックは、ディストリビューターとしての役割を超えた価値を提供いたします;組込みソリューション・セミナーの開催、実地研修、またソフトウェアのAPIおよびユーティリティ提供などの一連の付加価値のあるサービスを提供いたします。お客様は、アドバンテックが持つ、“事業を合理化するためのプロフェッショナルなエンベデッド・ソリューション開発の能力”を活用することができます。

アドバンテックが推奨するWindows組込み製品は、以下を含みます。
・Windows 10 IoT:Azureクラウド・サービスへの接続性、およびシームレス・センサ/ゲートウェイ・コミュニケーション
・Windows Embedded Compact:産業界や企業用のフットプリントが小さな各種デバイス向けのオペレーティング・システム
・Windows Embedded Standard:Windows オペレーティング システムの性能、使いやすさ、および信頼性をコンポーネント化形式で提供
・Windows Embedded Server:使用形態が限定目的に限られたハードウェアおよびアプリケーション・ソフトウェア用の組込みサーバー・ソリューション
・Windows Embedded Industry/Pro:OEM企業が求める汎用PC用Windows 8.1のアプリケーションの互換性を含むフル機能OS

 なお、2016年8月31日(水)東京国際フォーラムおよび9月2日(金)グランフロント大阪・ナレッジキャピタル・カンファレンスルームにおいて開催する「アドバンテック組込みシステム開発者フォーラム(Advantech Design-In Forum)2016」での講演ならびにデモンストレーション展示にて、本発表の詳細についてご紹介いたします。

【来場登録特設ページ】 http://www2.advantech.co.jp/news/mail/ADF2016/index.html


■アドバンテックについて ― インテリジェント・プラネットの実現が我々の使命です ―
 台湾 Advantech Co., Ltd.(TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界23カ国95都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいます。
 また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、インテル社ならびにマイクロソフト社をはじめさまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、― インテリジェント・プラネットの実現 ― が、我々Advantechの使命です。
(アドバンテック株式会社 ウェブサイト http://www.advantech.co.jp )


【本件に関するお問い合わせ先】
アドバンテック株式会社
電話 : 03-6802-1021
Email: ajp_sales@advantech.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る