プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

インド市場参入支援大手のM+Vが日本オフィスを設立

(@Press) 2016年08月16日(火)10時00分配信 @Press

マイヤーアンドヴィドルノグループ(代表取締役:クラウス・マイヤー、本社:ニューデリー、以下 M+V)は日本企業のインド参入支援を強化するため、2016年8月16日に日本オフィスを開設し、日本企業向けのインド市場への参入・事業拡大に関するコンサルティングサービスの提供を開始します。

M+V Japan URL: http://www.maiervidorno.jp/


M+Vグループの創業者はドイツ人のクラウス・マイヤーとイタリア人のフランチェスコ・モトカで、ヨーロッパ企業のインド市場参入支援を目的に2000年に設立されました。提供するサービスは市場参入と事業拡大のコンサルティングだけでなく、クライアント企業のインド支社のバックオフィス業務を全てアウトソーシングによって受け持つことによって、クライアントのスタッフはインド特有の問題に煩わされることなく、本業に専念できるという点が最大の利点となります。
インド国内ではニューデリー、ムンバイ、プネ、バンガロール、チェンナイに拠点をもち、150名が勤務しています。セールスオフィスはドイツ、アメリカ、オランダ、そしてこの度日本に設立されました。過去15年の歴史の中で400社以上の欧米企業のインド市場参入・事業拡大を支援してきました。

日本オフィス設立の背景は、中国離れが進む日本企業のグローバル戦略の変化です。かつて日本企業にとっての最大のターゲット市場は中国でしたが、2012年に起こった領土問題を起因とする不買運動や破壊行為、そして近年では株価の暴落と不安定な経済、そして高騰する沿岸部の人件費等の問題によって、中国一ヶ国に大きく依存するグローバル戦略はリスクが高いという認識が広まりつつあります。
そして2014年に安倍・モディ両首脳によって「日インド特別戦略的グローバル・パートナーシップのための東京宣言」と題する共同声明に署名がされました。その中には、今後5年間で日本がインドに官民で約3.5兆円の投融資と、直接投資額や進出企業数を倍増させるという目標が明記されています。日本政府の後押しによって、インドが中国に次ぐターゲット市場になるとの認識は広まりつつあり、そして実際に多くのインフラ開発のプロジェクトが日本政府の支援もとに進んでいます。

このようにインドが有望な成長市場であることは日本企業の間では広く認識されつつあります。しかし、文化的な違いによって生じる問題や、インフラ整備の遅れ、法律や規制等の複雑さ等の問題が、日本企業の参入を躊躇させています。M+Vは多くの欧米企業のインド参入をサポートしてきた経験と、煩雑なバックオフィス業務を全て肩代わりできるアウトソーシングの体制によって、日本企業が円滑にインド市場へ参入するための支援サービスの提供を日本国内で開始します。初年度である2017年6月期で、30社の参入支援受注を目指します。
また、日本オフィスの開設を記念し、セミナー「インド市場への参入戦略と事業拡大」を2016年9月14日にインド大使館にて開催します。詳細は別紙ご案内を参照ください。

<別紙:「インド市場への参入戦略と事業拡大」ご案内>
https://www.atpress.ne.jp/releases/109760/att_109760_1.pdf


■M+Vの概要
社名   : The Maier+Vidorno Group
       - Maier+Vidorno GmbH (Germany)
       - M&V Marketing & Sales Pvt. Ltd. (India)
       - M&V Market Development Services Pvt. Ltd. (India)
設立   : 2000年
住所   : Plot 52, Udyog Vihar Phase VI, Sector 37,
       Gurgaon 122001, India
電話   : +91 124 4342300
Eメール  : info@maiervidorno.com
URL    : http://www.maiervidorno.com/
代表取締役: Klaus Maier(クラウス・マイヤー)
従業員数 : 約150名
事業内容 : ・インド市場への参入・事業拡大に関するコンサルティング
       ・インドにおけるバックオフィス業務の代行
        (アウトソーシング)
実績   : 過去15年間で400社以上の欧米企業のインド市場参入を支援


■M+V Japanの概要
社名  : M+V Japan
      - M&V Marketing & Sales Pvt. Ltd. Japan Office
設立  : 2016年8月
住所  : 〒106-0032 東京都港区六本木5丁目18番23号 INACビル4階
      c/o フェネトル・パートナーズ株式会社
電話  : 03-6697-6430
Eメール : japan@mv-india.com
URL   : http://www.maiervidorno.jp
代表  : 金子 智彦
事業内容: ・日本企業へのインド市場への参入・
       事業拡大に関するコンサルティング
      ・日本企業のインド支社のバックオフィス業務の代行
       (アウトソーシング)
※M+V Japan日本オフィスの運営はフェネトル・パートナーズ株式会社が行っています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る