• トップ
  • リリース
  • 100人のママ・パパを「褒め上手」に変える!「ペアレントトレーニング」無料講座 グランツリー武蔵小杉にて8月27日(土)開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

100人のママ・パパを「褒め上手」に変える!「ペアレントトレーニング」無料講座 グランツリー武蔵小杉にて8月27日(土)開催

(@Press) 2016年08月16日(火)15時00分配信 @Press

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障がい者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川 敦弥、証券コード:6187)は、保護者が子どもとのより良い関わり方を学ぶ「ペアレントトレーニング」のエッセンスを体感できる無料講座を、2016年8月27日(土)にグランツリー武蔵小杉(神奈川県川崎市)で開催される「ソトイコ!サマーワークショップフェスタ」(株式会社学研イノベーション主催)内で開催いたします。


■発達に課題のある子どもへの関わり方として、日本でも注目が高まる「ペアレントトレーニング」
「ペアレントトレーニング」とは、アメリカで知的障害や自閉症などの子どもをもつ家族を対象に1960年代に開発された、保護者がより良い子どもとの関わり方を学ぶことで日常の子育ての困りごとを軽減し、楽しく子育てができるよう支援するプログラムです。日本では近年、国が発達障がい児への支援施策の一つとして掲げ、2014年度から一部の自治体で導入が進んでいます。発達障がいと診断されていない段階から「ペアレントトレーニング」を提供する自治体も現れるなど、保護者が子育てを学ぶための手法として、注目が高まりつつあります。

当社では、子どもの特性に応じた指導を行うソーシャル&学習教室「LITALICOジュニア」(2016年8月にLeafから名称変更)にて、子どものやる気を引き出し、保護者のストレス軽減に役立つ子育ての工夫を学ぶことができるプログラムとして「ペアレントトレーニング」を提供しています。今年4月の本格的なサービス開始以来、既に350名以上が受講しており、受講者からは「具体的な対応方法の知識を得たことで、子育ての指針が持てた」「子どもに対してだけでなく、夫や友人にも使える関わり方のコツを見つけられた」など、好評の声をいただいています。


■8月27日(土)開催 「ペアレントトレーニング」無料講座について
今回は、夏休みの親子向けイベントにて、発達の課題の有無に関わらず、広く一般の保護者の方に向けて子どもとのより良い関わり方を知っていただける機会を提供します。通常のプログラムの中から、子どもへの適切な「褒め方」を学ぶことができる講座内容をベースに、LITALICOジュニアで「ペアレントトレーニング」を担当する講師がファシリテーターを務め、約100人の参加者に対し講演とワークショップを行います。
ワークショップでは、子どもを褒めることが大事だとはわかっていても、褒めるところが見つからないと思っている保護者の方におすすめの「どんな子でも褒められる技」や、「つい怒ってしまう場面でも笑ってしまうような技」を実践的にお伝えします。

LITALICOジュニアでは今後も「ペアレントトレーニング」のサービスを充実させ、保護者の方の子育ての困難を解消し、家族が笑顔でいる時間を増やしていくことを目指してまいります。

【「ペアレントトレーニング」無料講座 開催概要】
日時 :2016年8月27日(土) 13:00〜13:45/15:00〜15:45
    (同一内容を実施します)
場所 :グランツリー武蔵小杉 1Fテラス
    (神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135-1)
対象 :幼児または小学生の子どもを持つ保護者
定員 :各回100名
参加費:無料
内容 :子どもの「褒め方」についての講演・ワークショップ


■(ご参考)LITALICOジュニアが提供する「ペアレントトレーニング」について
LITALICOジュニアのペアレントトレーニングは、鳥取大学大学院医学系研究科 井上研究室の実践により、効果が実証されている研究をベースにプログラムを作成しています。講師はLITALICOジュニアの指導員の中で、社内研修と技能試験を通過した者が担当しており、経験豊富なスタッフとともに、3〜5名程度の少人数のグループで家庭での子どもとの関わりや指導を考えていきます。

【ペアレントトレーニングの特長】
1.ワークや座談など多様な学びのスタイル
講義だけでなく、ワークや座談を通して、保護者自身や子どものことを振り返ったり、他の家庭の実践例を聞いたりすることで、取り入れやすい方法を見つけます。

2.応用行動分析学をべースとした専門的な実践方法
行動には必ず理由があり、行動したことによる結果があります。行動する前(理由)と後(結果)に、効果的な工夫をすることで、お子さまの行動により良い変化をもたらします。

3.実践と復習の繰り返しで成功につなげる
学んだ内容を家庭で実践し、プログラムで振り返るというサイクルをつくります。うまくいった理由や原因を一緒に考え、成功につながるようフォローします。

【受講前〜受講後の親子の変化イメージ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/109754/img_109754_2.jpg

詳細はLITALICOジュニア「ペアレントレーニング」ウェブサイト( https://junior.litalico.jp/parent-service/ )をご覧ください


■LITALICOについて
LITALICOは、2005年12月設立以来、日本における社会問題としての「障がい者雇用」分野に着目し、一法人としては全国最多となる全国56拠点で就労移行支援事業所「LITALICOワークス」を展開しています。企業向けの障がい者雇用支援から始まった事業は、現在では障がい者向け職業訓練事業、そして障がい者の家族向け事業や教育事業など、その領域を広げています。ソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」を首都圏と関西地方に70ヶ所で、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を首都圏5ヶ所(いずれも2016年8月時点)で開校しています。2016年3月、東証マザーズに上場しました。詳細は http://litalico.co.jp/ をご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る