• トップ
  • リリース
  • WebサイトのCVR・LTVを上昇させるWeb接客ツール[f-tra CTA]が導入件数6,000件を突破

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社エフ・コード

WebサイトのCVR・LTVを上昇させるWeb接客ツール[f-tra CTA]が導入件数6,000件を突破

(@Press) 2016年08月09日(火)11時00分配信 @Press

 株式会社エフ・コード(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤 勉)は、当社が提供しているWeb接客ツール「f-tra(エフトラ)CTA」が2016年8月5日(金)に導入件数6,000件を突破し、同種ツールでは国内最大規模となる件数を達成したことをお知らせいたします。

「f-tra CTA」詳細URL
http://f-tra.com/ja/cta/about.html


【「f-tra CTA」とは】
 「f-tra CTA」は、Webサイトを離脱してしまいそうになったユーザーや、ページに長く滞在して興味を持ったユーザー等へ、訪問回数等に応じて異なるバナーやソーシャルボタンをポップアップで見せ、「行動を喚起」(Call To Action)します。わずか15分程度で導入でき、直帰率・離脱率の改善やCVR上昇等の効果が見込めます。

【圧倒的な使いやすさと、安心の企画力が顧客支持を獲得】
 Web接客ツールの導入においては、事業者様から「必要なのは理解しているが、自社に合った運用方法が分からない」「マーケターの手が足りず、導入したくても工数が割けない」という声がしばしば寄せられていました。
 「f-tra CTA」は、導入段階から専門のコンサルタントによる企画・戦略提案をご提供します。専属担当による初期代行設定サービスも含め、「お任せで」導入できる工数の少なさが特長です。加えて、導入後も直感的な操作が可能な管理画面が提供され、変更も容易に行えます。従来のWeb接客ツールの問題点であった「導入・運用コスト」をとどめ、最小の工数で専門家の設計したWeb接客を導入することができます。
 工数の少なさに加えて高い効果も期待でき、管理も容易であることが顧客支持を獲得、6,000件を超える導入件数を実現いたしました。
 例えば、下記のような設計でご活用いただいています。

1.会員登録はしたが購入に至っていないユーザーに、バナーで「最後の一押し」
 会員登録が完了しているが、まだ購入等はしていない“勿体無い”ユーザーに限定してターゲティングをかけることができます。ぜひ初回CVをさせたいユーザーに、初回購入限定セット等の効果的なオファーを表示することで、コンバージョン率を向上させる設計が人気です。

2.Webサイトでお困りのユーザーには、ワンタッチで電話がかけられる多機能バナーを表示
 お年寄りのユーザーや時間のないスマートフォンユーザーは、直接電話して疑問点について尋ねたいと思っているかもしれません。「f-tra CTA」は、バナーをタッチするだけでスマートフォンから直接発番できる「コーリング機能」を搭載。ユーザーが一定秒数以上立ち止まったときや、フォーム入力で離脱しようとしたときなどのタイミングで電話を促すバナーを表示、困っているユーザーを的確に救済し、Webサイトのホスピタリティや印象をより良くすることができます。

3.条件を満たしたユーザーだけに「限定オファー」
 特にECの運営者様にとって、「値引きクーポン」の使いどころはお悩みの種。全体にばらまいてしまい、「クーポンがなくても購入する」だろうユーザーまで値引きをしてしまい、利益率を下げてしまうことも。このようなお悩みをお持ちの事業者様に有益なのが、「f-tra CTA」で特定のセグメントに絞って限定オファーを表示する手法です。例えば「15PV以上しているロイヤリティの高いユーザー」「過去に、自社サイトで購入歴のあるユーザー」など、特に狙いたい層に絞って限定配信を行うことができます。

 エフ・コードは本サービスを通じ、今まで購買や予約、応募など、成果にたどり着かなかったユーザーからのコンバージョン増加に貢献します。


【会社概要】
会社名: 株式会社エフ・コード
所在地: 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル5F
代表 : 代表取締役社長 工藤 勉
設立 : 2006年3月
URL  : http://f-code.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る