• トップ
  • リリース
  • 一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会のWEBライティング技能検定講座についてIT企業様を中心とした14社が社員教育用教材として導入

プレスリリース

一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会

一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会のWEBライティング技能検定講座についてIT企業様を中心とした14社が社員教育用教材として導入

(@Press) 2016年08月10日(水)15時00分配信 @Press

このたび、一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会(略称:CPAJ、代表理事:南雲 宏明)が実施している、クラウドソーシング上でのWEBライティング資格であるWEBライティング技能検定講座を、株式会社シースタイル、株式会社インタラクティブ・コミュニケーション・デザインなど14社のIT企業様を中心に、社員教育用教材としてご導入いただきましたことをお知らせいたします。


【ご導入企業様からのコメント】
・株式会社アウトアンドアバウト 代表取締役 仲山 雅也様
最近、WEBのライティングの仕事が増え、安定したクオリティで納品したいと考えていた時にこちらの講座を知りました。
テキストを拝見してみるとWEBだけではなく、基本的な文章、ビジネスマナー、個人情報の取り扱いからSEOまで幅広く網羅しており、充分すぎる内容でした。
SEO対策をしたいお客様が多いので、大変満足しております。
また、WEBだけではなく、グラフィックデザインにも使用できるものでしたので、グラフィックデザイナーにも学ばせています。会社案内やチラシなどのライティングにもこの知識は活用できております。
今後ですが、新しく入社するライターやデザイナーには必須で学ばせて、クオリティの安定化をできればと思います。

・株式会社アントアント 代表取締役 谷脇 とし子様
当社の業務の中では、Webライティング業務に限らず、文章を作成する場面は非常にたくさんあります。
サポート対応時のメール回答、メールマガジン作成、サイト内ブログの更新など、常に文章作成(ライティング業務)を行っているといっても過言ではありません。
それぞれのライティング業務では、ただ文章を作成するのではなく、相手先様に合わせた文章の作成が求められるものと感じています。とくに、相手先様に失礼がないか、どのようなご回答が適切か、どのようなことが求められているかなど、あらゆることへの配慮が必要になってまいります。
もともと小さいころから国語が苦手な私にとって、文章作成の基本やビジネスマナーは、自信を持つことができない分野でした。しかし、この講座に出会ったことで、今まで自信を持つことができなかったライティングの基本や、ビジネスマナーを基礎から学ぶことができました。
文章作成だけでなく、ビジネスマナーの基礎に立ち返ることができる、このような講座に出会えたことに大変感謝しております。

・株式会社シースタイル 代表取締役 川合 大無様
営業部門やマーケティング部門など社員の半数くらいがライティングに関与しており、文章作成の教育に悩んでいた時、本講座を知り、社員教育用教材として最も適していると考え導入を決定いたしました。
教材の内容はライティングの基礎をしっかり学べるものとなっています。なお、対象者は資格の合格を必須としています。

・株式会社アートフル 代表取締役 船戸 大輔様
北海道でWEBビジネスを展開していく中でWEBライティングに関する教育ツールを探していましたが、中々最適なものが見つかりませんでした。
その中でこの講座を見つけることができ、自社スタッフのライティングスキルをアップできる内容であると判断して導入を決めました。
これでスタッフのスキルを向上させてライティングのビジネスを拡大していければと思います。

・株式会社ユニコン 代表取締役 田中 隆一様
昨今、数多くのWebメディアが世の中に登場し、読者に飽きられない質の高い記事が求められている状況において、このWebライティング技能検定はライターの能力を測り、さらにレベルの底上げを図るためのよい教材になると考えております。
この講座を積極的に活用して、読者に良い記事を提供し続けられるようしていければと考えております。

・株式会社ネクストライツ 代表取締役 中野 徳康様
当社はWEBサイトの制作がメインの事業でありますが、関連してWEBコンサルティング関連の相談も多くメンバーのWEB関連の知識を高める方法を模索しておりました。
そうした中、WEBライティング講座と出会い、まずはSEO対策に欠かせないライティングの質の向上ができればと思っておりましたが、中身はライティングだけでなく、ビジネスマナーから案件の管理の方法までと多岐にわたっておりWEBのビジネスをする社員が体系だって学ぶにはふさわしい内容だと思います。

さらに多数の企業様から社員のスキルアップのために導入を検討したいという話をいただいております。


【ご導入企業様一覧(2016年8月現在)】※五十音順
・株式会社アートフル
・株式会社アウトアンドアバウト
・株式会社アップグレード
・株式会社アントアント
・株式会社インタラクティブ・コミュニケーション・デザイン
・株式会社クリアコンサルティング
・株式会社シースタイル
・SIKI株式会社
・株式会社ネオロジー
・株式会社ネクストライツ
・株式会社ビビッド・ジャパン
・株式会社マルジュ
・株式会社モバイルライフジャパン
・株式会社ユニコン


【WEBライティング技能検定とは】
一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会が実施している検定試験です。クラウドソーシングサービスを利用してWEBライティング業務を行うためのビジネスマナーや知識、文章作成に関するスキルを問うものです。
クラウドソーシングサービスの中で最も多い案件が「WEBライティング業務」であり、オウンドメディアの運用やWEBサイト制作等の場面でニーズが高まる一方、知識や技術の指標がなく、ライティングの技術を判断しがたい問題があります。
WEBライティング技能検定では、クラウドソーシングサービスの中で求められるマナーや知識、文章作成技術に関する設問によって働き手(クラウドクリエイター)のスキルを点数化することで知識量や技術力を明確にし、一定の条件をクリアする方に実務士としての資格を付与します。


【一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会とは】
クラウドソーシングを利用して仕事を受注する方の能力開発と活躍の場を広げることを目的に、クラウドソーシング事業者とWEBマーケティング関連の仕事の発注事業者によって設立された業界団体です。
クラウドソーシングで働く方の知識・技術を可視化する日本初のクラウドソーシング関連の検定を運営しています。
本協会ではクラウドソーシング上で仕事をするための知識・技術のスタンダードを定めた日本初のクラウドソーシングに関する検定の運営、資格認定、クラウドソーシング事業者と提携して報酬向上や特典授与のしくみを設け、検定合格者(資格取得者)の活躍の場を広げられる取り組みを行っております。

■一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会
代表理事: 南雲 宏明
URL   : http://crowd-kentei.or.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る