プレスリリース

株式会社ラコステ ジャパン

LACOSTEが「WeChat Payment」を本日8月5日(金)利用開始

(@Press) 2016年08月05日(金)14時30分配信 @Press

株式会社ラコステジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社長:ディーター・ハーベル)は、本日8月5日(金)より、株式会社ネットスターズ(東京都中央区、代表取締役社長:李 剛)を通じて、中国人旅行者向けのスマートフォンを使った国際決済サービス、「WeChat Payment(ウィチャットペイメント、中国名:微信支付)」を導入します。
当初は直営の9店舗で利用開始し、順次全国40店舗まで拡大予定です。グローバルファッションブランドの全国規模でのWeChat Payment導入は初となります。
過去最高の来日者数を記録する中国人旅行者の方に、より快適にお買い物を楽しんでいただく為、「WeChat Payment」を導入しました。中国と変わらない決済環境を提供することにより、利便性の向上に努めます。

WeChat Paymentは中国で月間7億以上のアクティブユーザを誇る巨大SNS「WeChat」の、決済機能を活用した店舗決済サービスです。買い物時に財布がなくても携帯電話があれば支払ができる便利さが受けて、中国国内でも都市部を中心に急速に普及しています。
日本ではネットスターズがWeChatを運営する中国 テンセント社のグループ企業を代理して、2015年10月から本格的に日本でのサービスを開始。すでに大丸松坂屋百貨店をはじめ、全国500店舗以上に導入しています。WeChatのもつSNSとしての情報発信機能や、プロモーション関連機能とも組み合わせて中国人旅行客対応に活用できるのが特徴で、インバウンドを重視する小売業界を中心に注目を集めています。

 夏休みの旅行シーズン、10月の中国国慶節の大型連休に向けて、旅行客の買い物需要の取り込みに貢献することが期待されます。


■先行導入店舗(本日より導入)

ラコステ日比谷店
ラコステ渋谷店
ラコステ京都店
ラコステ自由が丘店
ラコステ青山店
ラコステ吉祥寺店
ラコステ三宮店
ラコステ小倉店
ラコステ福岡天神店  計9店舗
                                                        
■「WeChat Payment」について
 「WeChat Payment」は「WeChat」の利用者向けに、テンセントのグループ企業である財付通科技有限公司(本社:中国深セン市 CEO馬化騰、以下「テンペイ」)が2013年に中国で開始した、店舗での決済サービスです。

顧客はスマートフォンの「WeChat Payment」のアプリを起動し、店舗でQRコードを見せます。店員は専用の端末を使ってQRコードを読み取ります。デビッド方式のため、その場でお客様の指定する銀行口座からお金が引き落とされ、店舗にとって売上が確保されるため安心です。売上の記録は、店舗側は管理画面から閲覧することができます。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る