• トップ
  • リリース
  • 京福グループの熊本地震に対する復旧復興支援活動京都と福井の電車とバスが熊本県からのメッセージを伝えます。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

京福電気鉄道株式会社、京都バス株式会社、京福バス株式会社

京福グループの熊本地震に対する復旧復興支援活動京都と福井の電車とバスが熊本県からのメッセージを伝えます。

(@Press) 2016年08月03日(水)14時45分配信 @Press

京福電気鉄道株式会社(本社:京都市中京区、社長:岡本光司)は、熊本県からの「多くの方々が観光で熊本を訪問してくださることが『平成28年熊本地震』からの復興支援につながる」とのお話を受け、当社及び、グループ会社の京都バス株式会社(本社:京都市右京区、社長:宮川豪夫)、京福バス株式会社(本社:福井市、社長:天谷幸弘)の三社で、関係自治体である京都府、京都市、福井市のご理解ご支援のもと、8月9日(火)から、熊本への観光誘致のメッセージを掲出した電車とバスを運行します。
掲出意匠は、熊本県からのメッセージとくまモンのイラストとし、京都と福井の市民や観光客に復旧復興支援への協力の呼びかけや、熊本県の観光をPRしていきます。
また、京福電気鉄道と京都バスでは、両社で発売している企画乗車券「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ」のデザインを「くまモン」の意匠に変更し、売上の一部を災害義援金として熊本県に寄付します。
また上記に加え、京福グループ全社で、災害義援金協力、義援金箱設置、直営飲食店等での熊本産品の利用促進など、本年12月末日までの期間、熊本地震に対する復旧復興支援活動を行います。
地震発生から4か月を目前に、被災の現状を風化させることなく、今一度、大きな支援の輪が広がるよう取材、報道をお願いします。
なお、8月9日(火)11時30分より嵐電「四条大宮」駅で、嵐電・京都バスの熊本PR車両出発式と熊本県による観光PR活動を行います。
※京福グループは、福井震災、福井豪雪、タンカー「ナホトカ号」座礁重油流出などで、多くの方々からご支援をいただいた歴史があり、スマトラ沖地震による巨大津波、東日本大震災の折にも被災地の復興につながる取り組みを行いました。
                    
1.メッセージ電車・バス
京福電気鉄道(嵐電)         
◎車体ラッピング・・・1両  
・車体横にメッセージ、前後にヘッドマークを掲出。 
・車内に熊本観光PRや義援金呼びかけ等のポスターを掲出。
※その他の車両(26両)にも、関連するポスターを掲出。
京都バス(嵯峨嵐山方面系統) ◎車体後部広告看板枠・・・5両   
京福バス(福井市内系統)   ◎車体前部の幕・・・10両
・バス車内にも告知ポスターを掲出。
        
2.「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ + FOR KUMAMOTO」
嵐電全線と京都バスの嵐山方面系統が1日乗り降り自由の乗車券「嵐電・嵯峨野フリーきっぷ」の特別版です。 
・発売額:大人700円、小児350円
・発売(有効)期間:8月9日〜12月31日 
・発売場所:嵐電主要駅(四条大宮、帷子ノ辻、嵐山、北野白梅町)
      京都バス嵐山営業所
京都駅前バスチケットセンター
◎売上金の一部(大人1枚100円、小児1枚50円)を義援金として熊本県に寄付。

―電車・バスの出発式ご案内―
日 時:8月9日(火) 11時30分〜12時
場 所:嵐電「四条大宮」駅
式典ご出席予定者:熊本県、京都府、京都市の各代表者


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る