• トップ
  • リリース
  • 定年退職者向けMagic xpa 開発版ライセンス無償提供プログラムを開始

プレスリリース

  • 記事画像1

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

定年退職者向けMagic xpa 開発版ライセンス無償提供プログラムを開始

(@Press) 2016年08月02日(火)12時30分配信 @Press

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社は、満60歳以上の現役プログラマーを対象に、ビジネス・アプリケーション開発プラットフォーム「Magic xpa Enterprise Studio」の期限付きライセンスを無償で提供するプログラムを開始いたします。


【背景】
 一億総活躍社会の実現に向けた新しい取り組みの中で、「生涯現役社会」を実現するため、定年引上げや雇用継続の延長に向けた環境を整えるとともに、「働きたい」と願う定年退職者の皆さんへの就職を支援する動きはより一層強まることが見込まれます。
 一方、中小企業では専門的な知識・技術を持つ人材確保の問題を抱えています。

 そこで、定年退職者をMagicのプログラマーとして再雇用する企業、及び、定年退職後もMagicのプログラマーとして活動する個人事業主に、「Magic xpa Enterprise Studio」のライセンスを無償で提供し、マジックソフトウェア・ジャパンとしても「生涯現役プログラマー」の実現に向けた支援を開始いたします。


【プログラムの対象者】
 ● 満60歳以上で現役のMagicプログラマーを再雇用する企業
 ● 満60歳以上で現役のMagicプログラマーとして活動する個人事業主
 ● ライセンスは1年間の期限付き提供/活動実績を考慮した更新の延長可能
 ● 1名につき1ライセンスを提供


◆ プログラム詳細はこちら
https://www.magicsoftware.com/ja/magic-xpa-application-platform/notretired_magician


【Magic xpa Application Platformについて】
 ビジネス・アプリケーション開発基盤として30年以上の実績と高い開発生産性を誇る超高速開発ツールです。あらゆる業種・業界の基幹業務システム開発やパッケージソフトウェアの基盤として活用され、実行エンジン型の開発ツールとして国内トップの販売実績となっております。
(株式会社ミック経済研究所「次世代型超高速開発ツールの市場動向2016年版」)
https://www.magicsoftware.com/ja/pressrelease160419

 Magic xpaは、様々な最新技術の複雑さを隠蔽し、Javaや.NET等のプログラミングスキルが不要であるため、画面/帳票、業務ロジックの設計だけでアプリケーションを開発することができます。
 業務知識と経験豊富なシニアエンジニアが活躍できるツールです。


◆ マジックソフトウェア・ジャパンについて
  http://www.magicsoftware.com/ja

 イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による日本法人です。ビジネス・アプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic xpa」と、サービス指向のシステム連携プラットフォーム「Magic xpi」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。
 現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。

本社所在地:東京都新宿区北新宿二丁目21番1号  新宿フロントタワー24階
 代 表 :代表取締役社長 佐藤 敏雄
事業内容 :開発ツール分野:Magic xpa、および関連製品の仕入/製造、販売業務
      連携ツール分野:Magic xpiの仕入/製造、販売業務
      プロフェッショナルサービス:ツール製品の教育、サポート業務 他



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る