• トップ
  • リリース
  • マクニカ、“Mpression for MAKERS”でMaker Faire Tokyo 2016 『Prototype to Product』、『Learn to Solder -ハンダづけ体験』コーナーに協賛

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社マクニカ

マクニカ、“Mpression for MAKERS”でMaker Faire Tokyo 2016 『Prototype to Product』、『Learn to Solder -ハンダづけ体験』コーナーに協賛

(@Press) 2016年08月04日(木)10時30分配信 @Press

株式会社マクニカ(神奈川県横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、以下 マクニカ)は、8月6日から7日に東京ビッグサイトにて開催される「Maker Faire Tokyo 2016(以下 MFT2016)」(主催:株式会社オライリー・ジャパン)にGoldsmith Sponsorsとして協賛出展します。

マクニカは、半導体、ネットワーク業界のB to B分野で長年培ってきた電子機器・情報通信業界とのワールドワイドでの幅広いリレーションと先見性・知見・技術力をもとに『Mpression(エムプレッション)』を立上げ活動を展開しています。その活動の一環として、2014年にMpression for MAKERSを立上げ、メイカーズの支援を行ってまいりました。MFT2016においては、主催社のオライリー・ジャパンと共にメイカー×メーカーによるオープンイノベーションとIoTモノづくり世代の拡大をサポートすべく、2つのコーナーを企画・運営し日本のメイカーズのモノづくりをバックアップします。


■Prototype to Product Powered by Macnica
〜そのアイデアを試作からその先へ、製品化までの実体験プロセスを先人から聞く!〜

『Prototype to Product』は、モノづくりの製品化までのプロセスや課題を知りたいメイカーズにオススメのコーナーです。モノづくりの事業化に成功した先人メイカーズが一堂に会し、それぞれの最終製品を展示し、試作から製品化するまでに何が課題になったのか?苦労したことや成功の秘訣など、先人達の経験を生の声で語ります。
また、マクニカからはメイカーズのプロトタイプから量産までのモノづくりを支援する『モノづくり量産化支援プログラム』についてご案内します。当プログラムは、アイデアの実現性検討や具現化のフェーズでは、Mpression for MAKERSキットを活用していただき、Macnica Online Storeを通じて技術サポートを提供します。量産化のフェーズでは、VAIOをはじめとする信頼できる量産製造パートナを紹介し、メイカーズのハードウェアの量産化を支援するプログラムです。
当コーナーは、製品化までのプロセスを幅広く知ってもらい「試作〜製品化まで」のストーリーを加え、モノづくりの息づかいに触れていただけるコーナーとなっています。


■出展メイカー
株式会社Blincam       「Blincam」 ウェアラブルカメラ
ユカイ工学株式会社     「BOCCO」コミュニケーションロボット
MESHプロジェクト      「MESH」 電子タグ
株式会社no new folk studio 「Orphe」 LEDシューズ

◆マクニカの『Mpression for MAKERS』によるメイカーズへの支援
・Maker Faireをはじめとしたイベントを通じての支援
・Macnica Online Storeによる、アイデア創出、技術サポートの提供
・プロトタイプ開発の為のプロトタイピングキットの開発提供
・VAIOをはじめとする量産製造パートナ紹介プログラムによるモノづくり量産化支援


■Learn to Solder - ハンダづけ体験コーナー Powered by Macnica
はじめてでもできる!まずはモノづくりの基礎であるハンダづけ体験からはじめよう

昨年、家族に大好評だったハンダづけ体験コーナーを今年もマクニカが運営します。簡単なハンダづけで、Maker Faireの公式キャラクター「Makey(メイキー)くん」の目がLEDでピカピカ光るバッジが作れます。マクニカの技術者がハンダづけ先生としてしっかりサポートしますので初めての方でも大丈夫!モノづくりの楽しさを体感する最初の一歩はぜひMFT2016ハンダづけ体験コーナーで!

■開催場所 / 会場内「MAKERSPACE」
■各日先着順、整理券を発行します(当日会場に直接お越しください。)
■参加費 / 300円、バッジ完成時にバッジと修了証を持ち帰りできます。
■対象 / 小学生以上(小学生は保護者の同伴が必要)

今年はメイキーくんもバージョンアップ!さらに低学年の皆さんでもハンダづけがしやすくなりました。

・出典:オライリー・ジャパン
https://www.atpress.ne.jp/releases/108911/img_108911_1.jpg

今年は、ハンダづけが早く終わったら二つ目のチャレンジを用意!
Koshianをメイキ―くんに搭載し、ハンダづけしたLEDをiPhoneで好きな色に変えてみよう!

※「Koshian」は、マクニカオンラインストア( https://store.macnica.co.jp/products/mpression_mp-ksn001b )からもお買い求めいただけます。

・ハンダづけ体験コーナーでチャレンジしよう!
https://www.atpress.ne.jp/releases/108911/img_108911_2.png


■Maker Faire Tokyo 2016 実施概要
名称  : Maker Faire Tokyo 2016(略称:MFT2016)
URL  : http://makezine.jp/event/mft2016
日時  : 2016年8月6日(土)12:00〜19:00/7日(日)10:00〜18:00
会場  : 東京国際展示場(通称:東京ビッグサイト)西2ホール+アトリウム
     東京都江東区有明3-11-1
入場料 : 前売り:大人 1,000円、18歳以下 500円/
     当日:大人 1,500円、18歳以下 700円
主催  : 株式会社オライリー・ジャパン

メイカーズについて : https://store.macnica.co.jp/contents/107637
当企画についての詳細: https://store.macnica.co.jp/contents/119289
当プレスリリース  : http://www.m-pression.com/ja/news/2016/20160803


■Maker Faire Tokyoについて
Maker FaireはMakerムーブメントのお祭りです。誰でも使えるようになった新しいテクノロジーの力とユニークな発想で、皆があっと驚くようなものや、これまでになかった便利なもの、ユニークなものを作り出す「Maker」が集い、展示とデモンストレーションを行います。多くのブースでは、実際に作品に触れたり、モノを作る体験を行うことも可能です。Maker FaireとMini Maker Faireは、現在世界150か所以上で実施され、世界中で年間120万人以上の方が参加されています。日本ではオライリー・ジャパンの主催でMaker Faire Tokyoが開催されています。


■マクニカについて
マクニカは1972年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。詳細はWebサイト( http://www.macnica.co.jp )をご覧ください。


■Mpressionについて
「Mpression(エムプレッション)」は、マクニカグループ各社が国ごとに開発・サポートしてきた、ソフトウェア、プラットフォーム、評価ボードなどを結集した総合的な技術ソリューションです。グループ各社の経験豊富な技術者のノウハウを詰め込んだより高度で、すぐに使えるシステムレベル・ソリューションを提供する事により、お客様の開発期間短縮と、製品価値の最大化を図っていきます。また、国内のみならず、グループ各社を通じて、欧米、中国、アジアなど、国や地域を問わずワンストップで提案・サポートしていきます。Mpressionに関する詳細はWebサイト( http://www.m-pression.com/ja )をご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る