• トップ
  • リリース
  • 「訪日外国人観光客4000万人時代に備えたインバウンド中核人材養成事業」キックオフ委員会を8月4日(木)に六甲山で開催!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

阪神電気鉄道株式会社

「訪日外国人観光客4000万人時代に備えたインバウンド中核人材養成事業」キックオフ委員会を8月4日(木)に六甲山で開催!

(@Press) 2016年07月27日(水)16時45分配信 @Press

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が運営する六甲山上の眺望スポット「天覧台」で、神戸山手大学が主催する「訪日外国人観光客4000万人時代に備えたインバウンド中核人材養成事業」の第1回シンポジウムを8月4日(木)に開催します。

同シンポジウムは、平成28年度文部科学省委託「成長分野等における中核専門人材養成等の戦略推進事業」における事業で、インバウンドの多様性に対応する観光人材の育成を目的とし実施します。全国各地の観光事業者、行政や大学関係者が、関西有数の観光地である六甲山上に一堂に会し、意見交換を行います。弊社からも、近年インバウンドが劇的に増加している六甲山の現状などについて説明します。

このシンポジウムを通して、今後ますます増加が予想される訪日外国人観光客の、さらなる誘致や受け入れ態勢の強化について学び、関西のインバウンドビジネスの発展を目指していきたいと考えています。


「訪日外国人観光客4000万人時代に備えたインバウンド中核人材養成事業」
キックオフ委員会 概要

【日程】
2016年8月4日(木)

【時間】
第1部 14:00〜16:00 合同委員会
1.事業説明(神戸山手大学)
2.インバウンド事例発表(六甲山観光株式会社)
3.民泊を活用した地域活性化について(株式会社百戦錬磨)
第2部 16:00〜17:00 名刺交換会
交流会* 17:00〜18:30

【場所】
天覧台(六甲ケーブル 六甲山上駅すぐ)
※神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1番32号

【参加】
全国各地の観光事業者、行政や大学関係者など約30人
※一般のお客様は参加できません、ご了承ください。

【主催】
神戸山手大学
事業責任者/神戸山手大学 学長補佐 小野田金司

六甲山ポータルサイト https://www.rokkosan.com/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/4351.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る