• トップ
  • リリース
  • 経路検索サービス「駅すぱあと」のヴァル研究所、設立40周年を記念したWebサイトを公開

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ヴァル研究所

経路検索サービス「駅すぱあと」のヴァル研究所、設立40周年を記念したWebサイトを公開

(@Press) 2016年07月26日(火)12時00分配信 @Press

経路検索サービス「駅すぱあと」を開発・運営する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田 信夫)は、2016年7月26日(火)をもちまして、おかげさまで設立40周年を迎えます。これを記念して、創業者の故・島村隆雄のエピソードや、会社の40年のあゆみを紹介する40周年記念サイトを2016年7月26日(火)より公開します。

■40周年記念サイトについて
40年という道のりを歩み続けることができたのは、ひとえに法人・個人問わず多くの皆さまにご支援・ご愛顧いただきましたおかげです。心より御礼申し上げます。

40周年記念サイトでは、皆さまへの感謝の想いを示すとともに、創業者の故・島村隆雄のエピソードや、会社の40年のあゆみ、代表を始めとする社員のコメントを記しています。40周年という節目にあたり、ヴァル研究所とその中にいる社員について、改めてご紹介したいと考えたためです。

40周年が「到着地」ではなく「通過地点」であるという考えのもと、写真や社員のコメント等のコンテンツを随時追加してまいります。ご笑覧いただけますと幸いです。

40周年記念サイトURL:http://40th.val.co.jp/

■ヴァル研究所について
ヴァル研究所は、1976年7月26日に設立されました。電機メーカーのコンピュータ室で働いていた創業者の故・島村隆雄が、「コンピュータはもっと使いやすくしなければならないし、できるはずだ」と独立したのがその始まりです。

パソコンがまだ普及していなかった時代に、技術者(エンジニア)の業務を支援するためのプログラム言語やデータベース、ソフトウェア等のサービスを次々と研究・開発。そして1988年2月22日に、MS-DOS版の経路検索ソフト「駅すぱあと」を発売しました。以来、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースに、多様なシーンやニーズに合わせた製品・サービスを展開し続け、今日にいたります。

日本で最初に経路検索システムを発売した会社としての矜持、絶えず進化し、絶えず社会にイノベーションを起こしていきたいという決意を胸に、これからも邁進してまいります。

■今後のビジネス展開について
今年度は、法人向けの新たなサービスの提供開始を複数予定しています。さまざまな業界の企業活動やビジネスを支援し、多様なコラボレーションを行っていくことで、日本経済活性化の一助となることを目指します。

また、個人向けには、累計650万ダウンロードを突破したiPhone・Androidアプリ「駅すぱあと」のアップデートや、アプリ「駅すぱあと」を媒体にした情報配信の手法開発や実証実験、ECサイト「駅すぱモール」を活用した地域への観光送客に繋がるプロモーション活動等、積極的に取り組んでまいります。

■会社概要
1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースに、さまざまな利用形態に合わせた製品・サービスを展開しています。近年では「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をWebAPIとして提供し、幅広い分野の企業との共創・コラボレーションに取り組んでいます。

商号    :株式会社ヴァル研究所
代表取締役 :太田 信夫
所在地   :東京都杉並区高円寺北 2-3-17
設立日   :1976年7月26日
企業サイト :http://www.val.co.jp/


※ 記載されている会社名、製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。また、仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る