• トップ
  • リリース
  • モビリティIoTベンチャーのGMSと国内大手オートリース会社である住友三井オートサービスが、自動車IoT分野のサービス創出に向け業務提携

プレスリリース

Global Mobility Service株式会社

モビリティIoTベンチャーのGMSと国内大手オートリース会社である住友三井オートサービスが、自動車IoT分野のサービス創出に向け業務提携

(@Press) 2016年07月28日(木)10時00分配信 @Press

モビリティIoTのベンチャー企業であるグローバルモビリティサービス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中島 徳至、以下「GMS」)と、国内大手オートリース会社である住友三井オートサービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:露口 章、以下「住友三井オートサービス」)は、業務提携契約を締結しましたのでお知らせします。


この業務提携では、GMSが開発した革新的で経済性に優れたIoT端末MCCS(Mobility-Cloud Connecting System)を活用して、国内外のオートリース市場を対象として、新たなオートリースサービスを共同で検討し、提供を推進していくことにつき、GMSと住友三井オートサービスの間で合意しています。

その第一弾として国内信販大手の株式会社セディナ様向けに、個人層をターゲットとしてサービス提供を開始する予定です。

尚、具体的な方針及び内容については、今後の検討過程において関係者と協議していく予定であり、サービスの提供開始時期も決まり次第お知らせします。


GMSのこれまでのIoTへの取組
GMSは、フィリピンの現地法人で、2015年11月よりトライシクル(3輪タクシー)ドライバーを対象に、MCCS付車両提供サービスを開始しております。
今後、海外のみならず国内においても、IoTプラットフォームを通じて多くの価値を提供して参ります。


住友三井オートサービスのIoTへの取組
住友三井オートサービスは、国内を中心に約60万台のリース車両を保有する国内大手オートリース会社です。これまでも大口の法人を中心に、収集した情報を蓄積・分析し、事故削減や燃費改善等の様々なソリューションを提供しております。

今後、IoTを活用したサービスで国内外の顧客を幅広く開拓し、新たな価値提供を通じてクルマ社会の更なる発展に貢献して参ります。

GMSと住友三井オートサービスは、時代の要請に適う自動車IoTサービスを共同で構築・提供していきます。これからの取り組みにご期待下さい。


[Global Mobility Service株式会社について]
2013年11月設立。資本金410,610,000円(資本準備金含む)
本社  :東京都中央区銀座
代表者 :中島 徳至(代表取締役社長 兼 CEO)
事業内容:・モビリティIoTのプラットフォームサービスの提供
     ・クラウド上に蓄積したビックデーターの二次活用サービス


[住友三井オートサービス株式会社について]
1981年2月設立。資本金6,950,000,000円(資本準備金含む)
本社  :東京都新宿区西新宿
代表者 :露口 章(代表取締役社長)
事業内容:1. 各種自動車・車両のリース・割賦販売
     2. 各種自動車・車両の整備修理、検査、点検に関する業務
     3. 中古の自動車・車両の売買
     4. 金融業務
     5. 上記1〜4に関連する一切の業務
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る