• トップ
  • リリース
  • J・3D 金属3Dプリンターで日本初の「カスタムメイド人工股関節」を開発開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

J・3D 金属3Dプリンターで日本初の「カスタムメイド人工股関節」を開発開始

(@Press) 2016年08月02日(火)10時30分配信 @Press

金属3Dプリンター製造受託サービスを手掛ける株式会社J・3D(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:高関 二三男)は、患者個々の骨格構造および症状等に合わせた、日本初となる「カスタムメイド人工股関節」の共同開発を名古屋市立大学と開始しました。


「カスタムメイド人工股関節」は、患者個々に可能な限り適合化した製品で、関節の病気や怪我等に伴う強い痛みを取り除き、正常な股関節の動きを取り戻すために開発されました。
カスタムメイド化(個別化)のメリットは、手術時間の短縮、入院期間の短縮、早期リハビリの実現、可能な限り骨を温存した治療の実現、インプラントの長寿命化(耐用年数の増加)、再置換手術の減少、再手術のしやすさおよび成績向上等があり、超高齢化社会を迎える患者および医療現場の期待が高まっています。


【超高齢化の影響から、カスタムメイド人工股関節を必要とする患者が急増】
超高齢化の影響から、高齢者の身体機能を補うために、人工股関節等インプラント製品を埋込する手術が増加しています。
(図1:矢野経済研究所 インプラント市場の予測
https://www.atpress.ne.jp/releases/108308/img_108308_3.jpg
図2:急増する高齢者の骨折
   (参考)医療機器ガイドライン活用セミナー 松下 隆 先生講演
https://www.atpress.ne.jp/releases/108308/img_108308_4.jpg )

人工股関節、インプラントを必要とする患者の急速な増加に伴い、患者個々の骨格・骨質・症状等に可能な限り適合化したカスタムメイド人工股関節の開発が求められています。


【日本初 金属3Dプリンターで一体型カスタムメイド人工股関節を製造】
従来の人工股関節は、輸入依存度が高く、外国製が90%を占めています(医療機器の輸出入額 薬事工業生産動態統計より)。また、現在の人工股関節はすべて既製品であり、その形状に合うように患者の生体骨を削り調整することで治療されてきました。
今回日本初の試みとして、従来の設計では別々の部品で製造されていたものが、金属3Dプリンター(積層造形技術)を用いることにより、CT等の画像データから患者の骨形状データの抽出、三次元化および製品製造までの一体型製作が可能となりました。
そのため患者個々の病状に合わせたデザイン設計が可能となり、手術時間の短縮、患者への身体的負担が軽減されることが期待されます。


【今後の展開 中小企業による医療機器分野への参入】
今後、日本は超高齢化の影響で、人工股関節手術はますます増加し続けることが予想されます。
さらに、今回のケースは中小企業による医療機器分野への参入モデルとしてカスタムメイド化を期待する脊椎、膝関節、肩関節、人工骨等整形外科領域の幅広い分野で応用でき、将来的な期待が見込めます。これからも医療現場の要望、患者の個別化医療に応えるべく「カスタムメイド人工股関節」の開発に挑みます。


【会社概要】
名称  : 株式会社J・3D
所在地 : 〒455-0815 愛知県名古屋市港区油屋町1丁目30番地
代表者 : 代表取締役 高関 二三男
事業内容: 金属3Dプリンター受託造形サービス、リバースエンジニアリング、
      鋼材販売
URL   : http://j3d.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る