プレスリリース

  • 記事画像1

内覧会来場者限定キャンペーン!!

(@Press) 2016年07月25日(月)10時30分配信 @Press

 流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫)の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社impactTV(本社:東京都港区、代表取締役社長:寒河江清人、以下impactTV)は、7月25日〜8月5日に開催する内覧会の開催に伴い、特別キャンペーンを開始いたします。

◆キャンペーンの概要
 このたびimpactTVでは“最終的に店頭販促は「消費者」の為にある”という原点に立ち返り、単なる商品訴求に留まらない次なる電子POPの提供価値を作り出すため、消費者行動を捕捉・蓄積する電子POP「PISTA2.0」シリーズの発売を開始いたしました。この「PISTA2.0」シリーズを含む、弊社ソリューションを体験していただくため開催する内覧会にご来場いただいたお客様を対象に、弊社サービスを特別価格にてご提供いたします。

◆キャンペーン内容◆
1. 人感センサーでの呼びかけコンテンツを無償提供
2. タッチ式デジタルサイネージのコンテンツ制作を特別価格でご提供
3. ご購入いただいたimpactTVの店舗設置ラウンダーサービスを特別価格でご提供

◆キャンペーン対象◆
内覧会にご来場いただき、タッチコンテンツをご発注いただいたお客様限定となります

◆キャンペーン期間◆
2016年7月25日〜8月31日ご発注分まで

◆内覧会概要
開催期間:2016年7月25日(月)〜8月5日(金)  ※土日祝日は除きます。
時間:10:00〜17:00(最終受付 16:30)
場所:株式会社impactTV 本社 会議室
住所: 〒107-0052 東京都港区赤坂3-11-3 赤坂中川ビル2F


◆PISTA2.0とは
 「PISTA2.0」シリーズとは、従来の店頭販促機能に加え、商品棚前における消費者購買行動プロセスであるAIDMAのA(Attention消費者の注意をひく)に特化した人感センサー機能を搭載したサイネージを「PISTA ZERO」、AIDMAのM(Memory商品情報を入手する)に特化したタッチパネル機能を有するインタラクティブサイネージを「PISTA BASIC」、そして商品目前でのAIDMAを捕捉し、数値データとして蓄積することによって、マーケティングに資するフィールド情報を提供するIoT型サイネージを「PISTA ADVANCE」という3つのラインナップで構成されております。
これまでimpactTVでは、スマートフォンに代表される「タッチ文化」の急速な普及に伴って、2013年にタッチパネル機能を搭載したサイネージを発売し、多くのお客様にご支持いただいてきました。その蓄積されたナレッジを元に新開発したサービスが「PISTA2.0」シリーズとなります。

◆impactTVとは
 創業31周年を迎える株式会社impactTV(インパクトティービー)は、1996年に店頭販促ツールとして電子POP「impactTV」をリリース。これまで 3,000 社以上に導入しており、販売・レンタルとも業界シェアNo.1を誇るパイオニアです。
極小・軽量の3型から、定番の7型、エンドや催事向けの19型、さらに大型のモニタ取付型のメディアプレイヤーまで、 幅広いラインナップをご提供しており、設計・製造物としての安全性はもちろん、品質的にも故障率が0.2%以下と低く、導入企業様・設置店舗様に安心してご利用いただいております。

◆株式会社impactTV 会社概要
社名:株式会社impactTV(株式会社メディアフラッグ 100%子会社)
事業内容:デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供
(企画、製造、販売、運用支援、マーケティング分析)
設立:1986年7月
資本金:359百万円(2015年12月末現在)
代表者:代表取締役社長 寒河江清人
本社所在地:東京都港区赤坂3丁目11-3 赤坂中川ビルディング2F
従業員数:30名(2016年1月現在)
WebURL:http://www.impacttv.co.jp/
EC URL(impactTVカート):http://impacttv-cart.com/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る