• トップ
  • リリース
  • 生きた日本語と日本文化に触れる「日本語短期研修プログラム(夏期)」7月18日〜8月4日 駿河台キャンパスで開催中

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

学校法人明治大学広報課

生きた日本語と日本文化に触れる「日本語短期研修プログラム(夏期)」7月18日〜8月4日 駿河台キャンパスで開催中

(@Press) 2016年07月21日(木)10時30分配信 @Press

明治大学日本語教育センターは、7月18日〜8月4日、海外の大学生および大学院生を対象とした「日本語短期研修プログラム(夏期)」を開催中です。  
第13回となる本プログラムでは、日本語学習はもちろんのこと、参加者が日本の文化・社会等を様々な角度から学ぶことがきる内容となっています。フィリピン、中国、ベトナム、タイ、イタリアなど18か国から55名が参加する通常コースに加え、今回は韓国・威徳大生20名を対象とした特別コースを開催。プログラム初日にクラス分けテストを行い、参加者の日本語レベルに合わせ、各クラス10名程度の少人数制で6クラスを開講しています。
着物の着付け体験や風呂敷体験では、楽しみながら日本文化を学ぶ機会を提供。また、プログラム実施期間を通し明大生が日本語学習サポートを行うなど、参加者の日本語学習意欲に応える環境を整えています。なお、本プログラムは、JASSO(日本学生支援機構)の2016年度海外留学支援制度(協定受入)に採択されたため、JASSOの定める基準を満たす協定校からの参加者に対し、選考の上、奨学金(8万円)が支給されます。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る