• トップ
  • リリース
  • ギンザのサヱグサ本社ビルと銀座店舗をグリーン電力に転換 CSR活動「SAYEGUSA GREEN PROJECT」の一環

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社 ギンザのサヱグサ

ギンザのサヱグサ本社ビルと銀座店舗をグリーン電力に転換 CSR活動「SAYEGUSA GREEN PROJECT」の一環

(@Press) 2016年07月22日(金)09時30分配信 @Press

子供服小売業、不動産賃貸・管理業を展開する株式会社ギンザのサヱグサ(本部:東京都中央区、代表取締役社長:三枝 亮)は、管理運営するテナント・オフィスビルと子供服店舗のビル2棟の使用電力を、2016年8月1日(月)から再生可能エネルギー主体の電力に切り替えます。当社は「創業150年にあたる2019年までに管理運営するテナント・オフィスビル、店舗の使用電力をグリーン電力100%にする」という環境目標を掲げており、今回の電力切り替えもその一環です。

ギンザのサヱグサ   : http://www.sayegusa.com
SAYEGUSA GREEN PROJECT: http://www.sayegusa-green.com


■電力切り替えについて
今回の切り替え対象のビルは次の2棟です。
1) テナントにアップルストアなどが入る銀座3丁目の本社ビル(中央区銀座3-5-12)
2) 子供服販売の店舗 ザ・メインストア銀座(中央区銀座7-8-8)

再生可能エネルギー主体の電力供給を行う「みんな電力株式会社」(本社:東京都世田谷区、代表取締役:大石 英司)との契約によりグリーン電力化を推進します。今回の切り替えで対象建物での使用電力は、FIT(固定価格買取制度)電気を含めた再生可能エネルギー比率が70%となり(ソーラーおよびバイオマス発電による)、年間約492.8tのCO2が削減される見込みです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/108061/img_108061_1.jpg
サヱグサ本社ビル
https://www.atpress.ne.jp/releases/108061/img_108061_2.jpg
ザ・メインストア銀座


■サヱグサの環境への取り組み
サヱグサでは、2012年より「Earth for Children 〜豊かな地球を子どもたちへ〜」をテーマにしたCSRの取り組み「SAYEGUSA GREEN PROJECT」をスタートし、ワークショップやキャンププログラム(Green Magic)開催などを通じた環境教育や環境保全に取り組んできました。
子供服販売の店舗において実施した「グリーン電力証書」によるグリーン電力営業キャンペーン「Store by Green Power」もその取り組みの一つです。2012年8月から2015年2月まで年2回計6回の開催で、グリーン電力契約量は50.000kWh、CO2削減効果は約20tでした。この経験を踏まえ、今回の取り組みでCO2削減に向けた取り組みを永続的なものにしていきたいと考えています。


https://www.atpress.ne.jp/releases/108061/img_108061_3.jpg
Green Magic(キャンププログラム)
https://www.atpress.ne.jp/releases/108061/img_108061_4.jpg
Store by Green Power 2013


■三枝 亮・ギンザのサヱグサ代表取締役社長のコメント
2016年4月からの電力自由化に伴い、日本でも消費者が電力を選べる時代になりました。このたび、再生可能エネルギー供給におけるリーディングカンパニーである「みんな電力株式会社」さんとのご縁をいただき、この夏から再生可能エネルギー比率の高い電力利用を実現することになりました。

子供服のサヱグサは、「将来を担う子どもたちに豊かな環境を残す」というコンセプトを掲げさまざまな環境活動に取組んできました。サヱグサが再生可能エネルギーに取組む想いが、サヱグサブランドのユーザーである子どもたちに伝わることを期待しています。また、子供服を含めたファッション業界、不動産管理業界、そして弊社が歴史を刻んできた街「銀座」という地域に、グリーン電力化が広がる一助となれたら幸いです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/108061/img_108061_5.jpg
株式会社ギンザのサヱグサ代表取締役社長 三枝 亮


■みんな電力株式会社代表取締役・大石 英司さまのコメント
海外では、ブランド企業やCSRに積極的な企業がグリーン電力に切り替え始めていますが、日本ではCSRを企業の理念として宣伝していながら電力に関してはまだ着手出来ていない企業が多いようです。まだ価格重視で切り替えを行うケースが多い中、サヱグサさんのように、ビルのオーナー自らが環境性能を重視した電源への切り替えを実施したのは現段階では特に珍しいパターンだと思います。日本の企業における電源責任ムーブメントのはずみになることを期待しています。


■関連URL
ギンザのサヱグサ   : http://www.sayegusa.com
SAYEGUSA GREEN PROJECT: http://www.sayegusa-green.com
みんな電力株式会社  : http://corp.minden.co.jp


■会社概要
商号  : 株式会社ギンザのサヱグサ
代表者 : 代表取締役社長 三枝 亮
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12
創業  : 1869年2月
資本金 : 1,000万円
事業内容: 子供服小売業、不動産賃貸・管理業
URL   : http://www.sayegusa.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る