• トップ
  • リリース
  • フィリピン・マカティの日系レンタルオフィス「CROSSCOOP MANILA」利用企業が累計100社突破!〜100社突破記念キャンペーンを実施〜

プレスリリース

  • 記事画像1

CROSSCOOP PHILIPPINES INC

フィリピン・マカティの日系レンタルオフィス「CROSSCOOP MANILA」利用企業が累計100社突破!〜100社突破記念キャンペーンを実施〜

(@Press) 2016年07月21日(木)10時00分配信 @Press

フィリピン・マカティの日系レンタルオフィスを運営するCROSSCOOP PHILIPPINES INC(23F GT Tower International, 6813 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila ,Philippines、Director:庄子 素史)は、当社の運営するレンタルオフィス「CROSSCOOP MANILA」の累計利用者数が100社を突破した記念として、2016年7月21日(木)より期間限定キャンペーンを実施いたします。


■フィリピンの近況及び「CROSSCOOP MANILA」利用企業の属性
2016年のフィリピン経済は、輸出の回復が見込まれることに加え、以前から堅調な個人消費や投資などの国内要因が維持されるほか、大統領選挙に伴う景気浮揚効果も見込まれており、アジア開発銀行(ADB)は2016年の成長率を6.3%と予測しています。
また、直近においてはフィリピン政府が2015年5月に打ち出した「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」について、三菱自動車が政府の自動車産業支援案件の第1号に選ばれたことや、トヨタ・モーター・フィリピン(TMP)に対して補助金交付が承認されることが発表されたことをはじめ、フィリピンの注目度が高まってきております。

「CROSSCOOP MANILA」は日系企業を含む外資企業がフィリピンに進出する際、マニラのマカティ一等地において、少ない初期投資で事務所を開設できるレンタルオフィスです。2013年4月に開業し、この度、利用企業数が累計100社を突破いたしました。
利用企業の国別集では、日本59%、オーストラリア10%、フィリピン5%、イギリス3%、シンガポール3%、中国2%、台湾2%、インド2%、カナダ1%、韓国1%となっており、日本企業を筆頭に多国籍な外資企業による進出の窓口になっております。また、業種別には、情報通信業50%、製造業25%、サービス業4%、その他21%となっており、情報通信産業や製造業のBPOや営業拠点のオフィスとしてご活用いただいています。


■契約社数100社突破記念キャンペーン内容
・実施期間  : 2016年7月21日(木)〜9月30日(金)
・対象    : 実施期間中に新規で1年以上のご契約をされた企業様
         ※先着5企業様まで
・キャンペーン: 通常、利用料1.5ヵ月分の初期費用を50%割引、
         利用料を35%割引
・URL     : https://crosscoop.com/office/manila/campaign
        ※他キャンペーンとの併用はできません。
        ※不動産仲介会社様からのご紹介の場合は、対象外となります。


■会社概要
社名  : CROSSCOOP PHILIPPINES INC
代表者 : Director 庄子 素史
所在地 : 23F GT Tower International, 6813 Ayala Avenue,
      1227 Makati City, Manila, Philippines
事業内容: インキュベーションオフィス「CROSSCOOP MANILA」の運営
URL   : https://crosscoop.com/office/manila


■サービスに関する一般の方からの問い合わせ先
CROSSCOOP PHILIPPINES INC
担当 : 塚本
TEL  : +63-2-464-7100
E-mail: crc-ph@crosscoop.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る